Kurashi Vol.01

Kurashi Vol.01

作者名 :
通常価格 917円 (834円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

理想を描き、家庭に仕事に、自分なりのスタイルをもって生きることができれば、きっと人生は豊か。
誰だってそう思いますよね。
でも、簡単ではないことも何となく知っていて、何からはじめていいのか、どうしたらいいのか、迷っている人もきっと多いはずです。
そこで、今回の特集では、随筆家・白洲正子や詩人・茨木のり子の知られざる魅力、吉祥寺ギャラリーfeveオーナー・引田かおりさんやフードコーディネーター・谷尻直子さんの暮らしを豊かにする工夫など、過去に生きた人から現代を生きる人まで、お手本にしたい女性たちから自分らしく生きるためのヒントをもらいます。
また、料理、日常の道具や住宅、美容・ファッションなど、自分らしくあるために、具体的に取り入れるべきものなども紹介。
自分の人生をより豊かにするために、必携の一冊です。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
212ページ
電子版発売日
2017年09月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
284MB

Kurashi Vol.01 のユーザーレビュー

レビューがありません。

Kurashi のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • Kurashi Vol.05
    917円(税込)
    私らしく毎日を過ごすために流行よりも大切にしたいのは“私が本当に好きなもの”。 そんな、ゆるぎないスタンダードを徹底的に提案。ほっこりでもなく、メンズライクでもない、男受けなんてもってのほか。本当に私に似合う服を選びたい。そう思うあなたは、定番服を選ぶはず。また、定番ばかりで味気ないと思ったらあわせるファッション小物も大切。定番服を改めて知るとともに、アクセサリー類に関してもKu...
  • Kurashi Vol.04
    917円(税込)
    家庭に仕事に自分磨きに……すべてのことに対して妥協せずに生きたい。 誰だってそう思うもの。でも、簡単ではないことも知っている。 そこで、『Kurashi』はいま改めて、「丁寧に生きる」ということを考えます。 過去に生きた人から現代を生きる人まで、ライフスタイル、料理、日常の道具や住まい、 美容・ファッション、さまざまな角度から、丁寧に生きるためのヒントを探ります。 仕事と暮らしは互いに密...
  • Kurashi Vol.03 改訂版
    917円(税込)
    私たちは様々なシチュエーションでわたしたちはギフトを贈ります。 「失敗しないように」、「わたしのお気に入りだから」、「1点もの」など、贈り物選びの考え方は様々ありますが、肝要なことは、選んだものよりも相手を思いやる心。 相手を思って選んだかどうかは、受け取る相手に伝わるものです。 贈られたその瞬間の相手の顔を想像しながら丁寧に考え、贈るという行為は、清く尊い心の文化です。 ※デジ...
  • Kurashi Vol.02
    917円(税込)
    「わたしが一番しっくりくるグラスは?」「自分定番のデニムは?」。…… アイテム選びには、人間性が出ます。 便利な家電を駆使する人もいれば、アナログなものしか愛せない人もいる。 両者のいいところを使い分ける人もいる。 どれが正解ということではなく、自分の中での正解を探し続けることが大事。 第2号目となる冬号では、暮らしをかたちづくる「道具」にフォーカス。 高級なら良いというわけでもなけ...
  • Kurashi Vol.01
    917円(税込)
    理想を描き、家庭に仕事に、自分なりのスタイルをもって生きることができれば、きっと人生は豊か。 誰だってそう思いますよね。 でも、簡単ではないことも何となく知っていて、何からはじめていいのか、どうしたらいいのか、迷っている人もきっと多いはずです。 そこで、今回の特集では、随筆家・白洲正子や詩人・茨木のり子の知られざる魅力、吉祥寺ギャラリーfeveオーナー・引田かおりさんやフードコーデ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています