巨大戦略空母「魁鳳」(4) 一大空母決戦
  • 完結
  • 最新刊

巨大戦略空母「魁鳳」(4) 一大空母決戦

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ついに史上空前の海戦へ

巨大空母&新型双発艦攻
「講和への使者」となるか!?

サンフランシスコの米軍基地を猛爆撃した、戦略空母「魁鳳」「雄鳳」を含む第一、第二機動艦隊は、返す刀で米軍・第五八機動部隊と「東太平洋海戦」を戦い、九隻もの米空母を粉砕、撃沈した。
ハワイを占領され、幾度も本土空爆を許している戦況に、ルーズベルト大統領の焦燥は募る。というのも、この1944年秋に、四選を賭けた大統領選挙を控えていたからだ。だが、海軍大臣に昇進した山本五十六はこれを看破。米軍は秋までに空母決戦を臨んでくる、と予測した。これに勝利し、一気に講和に持ち込みたい日本は、パナマ運河封鎖作戦を敢行、いよいよ、一大決戦へと出撃するのであった!
大人気シリーズ、ついに完結!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(フィクション)
出版社
電波社
電子版発売日
2016年09月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

巨大戦略空母「魁鳳」(4) 一大空母決戦 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

巨大戦略空母「魁鳳」 のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 巨大戦略空母「魁鳳」(1) 真珠湾にあらず!
    完結
    戦記シミュレーション ヴィクトリー ノベルス 新創刊! “移動する島”――― 陸攻用空母、誕生! ハワイを占領せよ!! 「陸攻を空母で運用できれば最強ですね」──軍令部・樋端久利雄少佐の、この進言を聞いた海軍次官・山本五十六は唸った。この案なら、陸上攻撃機用巨大空母=「戦略空母」でアウトレンジ攻撃を実施し、ハワイを占領した上で、米本土への爆撃も可能になる。山本は即座に大艦巨砲主義者ばかりだった軍令部の人事を一新。戦略空母「魁鳳」を要とする機動部隊編制に着手した。 開戦劈頭、帝国海軍はジョンストン島とミッドウェイ島に奇襲攻撃を敢行。反撃に出た米第一六任務部隊に対し、完成直後の「魁鳳」が出撃する。そして、広大な艦上からついに一式陸攻が飛び立った!
  • 巨大戦略空母「魁鳳」(2) ハワイ攻略作戦
    完結
    海戦の戦略を一新した 驚愕の巨大空母 遂に、ハワイ沖に現わる! 「なっ、なぜだ!?」──ミッドウェイ沖の海戦で指揮を執る米第一六任務部隊のハルゼー中将はおののいた。破壊したはずのミッドウェイ島から双発機を含む七〇機もの日本軍機が来襲したからである。実はこれらは基地から発進したのではなく、戦略空母「魁鳳」から発進していたのだった。かくして画期的な陸攻用巨大空母は見事に初陣を飾る。 そして日本はついにハワイ攻略作戦に着手する。迎え撃つは空母の修理を終え、陣容を立て直した米太平洋艦隊。これを撃滅するため、山本五十六連合艦隊司令長官は、最大の隠し球をどのように活かすのか! 一式双発艦攻の華々しい活躍が今、始まる!!
  • 巨大戦略空母「魁鳳」(3) 米本土空爆
    完結
    “洋上の飛行場”本領発揮! 一式双発艦攻126機、 いよいよアメリカ本土へ!! 双発機を運用する巨大戦略空母「魁鳳」の活躍で、「第一次ハワイ沖海戦」に勝利した日本。続いて生起した「第二次ハワイ沖海戦」でも、双発艦攻が米第一任務部隊の精鋭戦艦を襲い、八隻を沈める完勝劇を演じて、ついに宿願であったハワイ占領を成し遂げる。 日本の次なる目標は無論、米本土。連合艦隊は真珠湾を本拠とする布哇方面艦隊を創設し、「雄鳳」の完成をもって、二艦体制となった戦略空母を中心に東海岸空襲を決行する。迎え撃つアメリカは一〇隻の高速空母を擁する第五八機動部隊が満を持してマグダレナから出撃。征服か、死守か──。米本土を賭けた壮絶な洋上決戦が始まった!
  • 巨大戦略空母「魁鳳」(4) 一大空母決戦
    完結
    ついに史上空前の海戦へ 巨大空母&新型双発艦攻 「講和への使者」となるか!? サンフランシスコの米軍基地を猛爆撃した、戦略空母「魁鳳」「雄鳳」を含む第一、第二機動艦隊は、返す刀で米軍・第五八機動部隊と「東太平洋海戦」を戦い、九隻もの米空母を粉砕、撃沈した。 ハワイを占領され、幾度も本土空爆を許している戦況に、ルーズベルト大統領の焦燥は募る。というのも、この1944年秋に、四選を賭けた大統領選挙を控えていたからだ。だが、海軍大臣に昇進した山本五十六はこれを看破。米軍は秋までに空母決戦を臨んでくる、と予測した。これに勝利し、一気に講和に持ち込みたい日本は、パナマ運河封鎖作戦を敢行、いよいよ、一大決戦へと出撃するのであった! 大人気シリーズ、ついに完結!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング

巨大戦略空母「魁鳳」 に関連する特集・キャンペーン