ランニング・スタイル 2019年1月号 Vol.115

ランニング・スタイル 2019年1月号 Vol.115

作者名 :
通常価格 500円 (463円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

最後まで快適に走り続けられる体力をつけたい、レース後半になると必ずペースダウンしてしまう……、そんなランナーは多いはず。
そこで、本格的なレースシーズン直前の今号では、持久力アップのコツを伝授。
ただやみくもに長距離を走るというトレーニング法ではなく、糖も脂質もエネルギーに変えられるハイブリッド筋“桃色筋肉”をターゲットに、下半身にフォーカスした、簡単だけどちょっぴりキツいトレーニング法を紹介。
そのほかにも、体力をセーブしながら効率的に走る方法や持久力アップに最適な、白・赤・緑の食材を押さえた食事のとりかたなど、オンシーズンに知りたい情報盛りだくさんで展開します。
その他、第二特集の“ランナーのための腸活ドリル”や、巻末特集の“シューズインプレション”にも注目してください。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
※デジタル版には、紙版の付録「ランニングスタイル特製ペットボトルバンド」は含まれません。

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
134ページ
電子版発売日
2018年11月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
192MB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 49件
  • ランニング・スタイル 2019年5月号 Vol.117
    走りやすい季節、春の到来です! そこで、この春からランニングをスタートし、秋にはフルマラソン挑戦を考えている人はもちろん、「次のシーズンこそ、フルマラソンで目標を達成したい」と、リベンジを狙うランナーにも役立つ、“26”の走りのコツを本誌が厳選。 アルファベット順に展開していく巻頭特集は必見です! A→Alignment(アライメント)、B→Build-up(ビルドアップ)、C→Carbohydrate Loading(カ...
  • ランニング・スタイル 2019年3月号 Vol.116
    ランニングシーズンのいま、日々のトレーニングを大切したいランナーにとって、もっともネックとなるのが“寒さ”です。 寒いと体がこわばりやすくなり、走り始めがツラく感じるのはもちろん、ケガやトラブル発生のリスクも高まります。 そこで、今号の巻頭特集では、寒さに耐える力、すなわち“耐寒力”をキーワードに、寒い季節でも快適に走れるコツを紹介します。 寒いと走り始めがツラく感じるメカニズムか...
  • ランニング・スタイル 2019年1月号 Vol.115
    最後まで快適に走り続けられる体力をつけたい、レース後半になると必ずペースダウンしてしまう……、そんなランナーは多いはず。 そこで、本格的なレースシーズン直前の今号では、持久力アップのコツを伝授。 ただやみくもに長距離を走るというトレーニング法ではなく、糖も脂質もエネルギーに変えられるハイブリッド筋“桃色筋肉”をターゲットに、下半身にフォーカスした、簡単だけどちょっぴりキツいトレー...
  • ランニング・スタイル 2018年11月号 Vol.114
    多くのランナーが悩む「ヒザ痛」と「足裏痛」。 その原因には、体の硬さ、筋力不足が関係しています。 今号の巻頭特集では、ランナーそれぞれの弱点やクセによる“痛みの原因”を、 さまざまなチェック法から洗い出し、痛む箇所別に改善法を指南。 また、知っておくとレース中に役立つ痛みを和らげる応急処置法なども紹介します。 すでに痛みに悩んでいる人から、今後に備えて予防したい人まで、 幅広いラン...
  • ランニング・スタイル 2018年9月号 Vol.113
    猛暑の日が続いています。 この暑さのせいでトレーニング量が減少し、体重が増加しやすくなってしまう。 そういう意味で、夏はランナーにとって厄介な季節です。 体重増加はパフォーマンスの低下に直結する問題。 しかし、だからといって無理な食事制限などを行うと、 筋肉量まで低下し、今度は体調不良をきたしてしまう人も少なくありません。 そこで今号の特集は、筋肉量を減らすことなく無駄な体脂肪を...
  • ランニング・スタイル 2018年7月号 Vol.112
    ひと昔前まで、「長距離を走り、毎日トレーニングすれば、おのずと走力がついてくる」と信じられてきました。 とはいえ実際は、いくら走ってもペースが上がらなかったり、ケガをしてしまったりと、トレーニング時間と効果が比例しないことが少なくありません。 先の見えないトレーニングに嫌気がさして、走るのをやめてしまう人も多いですし、事実、走り始めてから1年以内が、ランニングをやめてしまう率...
  • ランニング・スタイル 2018年6月号 Vol.111
    本格的なランニングシーズンがひと段落したいま、 来シーズンに向けてパフォーマンスアップを図るうえでも、 ケガなく走り続けるためにも、自分の走りを再考する絶好の機会です。 そこで有効なのが、「立つ」「歩く」といった、超基本的な動作から見直し、 そのうえで「走る」に移行していくこと。 基礎を固めて、春のランニングをもっと充実させましょう。 第二特集のテーマはお茶。疲労回復や花粉症の緩...
  • ランニング・スタイル 2018年5月号 Vol.110
    ランのパフォーマンスや健康に関する研究は日々、進歩しています。 これまで当たり前とされてきた練習法、コンディショニング……。 それらのなかには、すでに覆されている常識も少なくありません。 今回の巻頭特集は、いま注目すべき、ランナーの新常識を紹介します。 “走った距離は嘘をつかない”も、“走ればヤセる”も、いまや時代遅れの常識です! 第二特集は花粉症対策。 「一度花粉症になったら治らない...
  • ランニング・スタイル 2018年4月号 Vol.109
    いまフィットネスの世界で、コンディショニングという言葉が注目されています。 "不調を整える"という意味をもつこのキーワードの定義を、 ランナーへ向けてきちんと提示するのが今号の巻頭特集です。 そもそも、走ることにも体を整える側面があるのに、 走ることで体が不調へと傾いてしまう人が少なくないのはなぜか? とくにレースシーズンは、多くのランナーが 痛みや怪我などをはじめとする不調を抱き...
  • ランニング・スタイル 2018年3月号 Vol.108
    飲み会シーズンの多かった年末年始。正月気分に浮かれて、トレーニングを怠り、体がなまってしまった……。そんなランナーは多いと思います。そこで今号の巻頭特集では、なまった体をシャキッとさせて、パフォーマンスをすばやく回復させるために、“代謝”について改めて考えます。代謝を高めることで、食べ過ぎや飲みすぎによってなまった体をリセットすれば、体も心も軽やかになること間違いなし。しかも代...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています