マシアス・ギリの失脚

マシアス・ギリの失脚

作者名 :
通常価格 745円 (税込)
紙の本 [参考] 907円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

舞台は、毎朝、毎夕、無数の鳥たちが飛びまわり、鳴きさわぐ南洋の島国、ナビダード民主共和国。鳥たちは遠い先祖の霊、と島の人々は言う。日本占領軍の使い走りだった少年が日本とのパイプを背景に大統領に上り詰め、すべてを掌中に収めたかに見えた。だが、日本からの慰霊団47人を乗せたバスが忽然と消え、事態は思わぬ方向に転がっていく。善良な島民たちの間で飛びかう噂、おしゃべりな亡霊、妖しい高級娼館、巫女の霊力。それらを超える大きな何かが大統領を飲み込む。豊かな物語空間を紡ぎだす傑作長編。谷崎賞受賞作品。

ジャンル
出版社
ボイジャー
掲載誌・レーベル
impala e-books
電子版発売日
2015年01月29日
紙の本の発売
1996年06月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2017年07月18日

南洋の島国ナビダード民主共和国の大統領マシアス・ギリの物語。

前半は説明なしのこま切れの話ばかりで読むのが辛かったです。でも不思議と続きを読みたい気分になり、かなりゆっくりと読み進め、後半はだいぶ話もまとまってきたし、盛り上がりもあって読みやすくなりました。

マシアス個人の話を掘り下げたり、かと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月04日

良かった。バスではなく、船でもなく、飛行機に乗ったギリが象徴的。
運命論的だが悲観的なものではない、流れに身を任せる話。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年01月09日

20年前に読んだんだよな。
かなりの長編で,前半は小さ事件が起きるも,平和的にまったりと進み,ウィスキーが切れたところから,急展開!だったような。
ということで,再読に向けて,また読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月01日

古本で購入。

南洋の島国ナビダード民主共和国。
大統領に上り詰めたマシアス・ギリ、日本からの慰霊団が乗るバスの消失、巫女の力をもつルメリアナ…

くらくらするように暑く、色彩に溢れ、花のにおいがあふれるような南国の気配と、そこに渦巻く人々の思惑。
現実と幻想の境の曖昧な、神話的でさえある豊穣な物語...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月09日

かつての南洋群島で孤児として生まれるも、戦争という奇貨により、日本と接近し、島に戻ってからも、商売に成功、その後、大統領となったマシアス・ギリの物語。ゲイのカップルがなぜ関係もないのに出てくるのか、消えたバスのこと、そして日本に住んでいたときの過去といったことが絡み合い、ある事件をきっかけにタイトル...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play