世界文学を読みほどく スタンダールからピンチョンまで

世界文学を読みほどく スタンダールからピンチョンまで

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
紙の本 [参考] 1,728円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

スタンダールからピンチョンまで。
「小説は、その時代、その国、その言葉の人びとの世界観の一つの表明である。」
稀代の読み手として、実作者として、池澤夏樹が世界の十大傑作を自在に読み解きながら、21世紀の今に生きる人びとに向けて語る、文学観と世界観の集成。
2003年夏、京都大学文学部にて行われた特別講義の記録。

ジャンル
出版社
ボイジャー
掲載誌・レーベル
impala e-books
電子版発売日
2014年11月06日
紙の本の発売
2005年01月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年07月19日

2004年の論なので、9.11以降のところはすでに古くなってしまっているが、大きな物語を失った時代状況は変わっていない。

文学が向き合っているものが、現代世界の人間の状況であることを再認識した。

改めて骨太な文学に向き合おうと思わせてくれた池澤氏の講義に感謝したい。

『白鯨』の現代的意義、ピン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月04日

とても面白かった。ここでテキストとして使われている作品の半分も読んでいなかったが、いくつかチャレンジ(いくつかは再チャレンジ)したいと思う。
スタンダールの「パルムの僧院」、どうしてもあの恋愛を基軸にバタバタしていることが自分には好きではなかった。けれども、スタンダールがどれだけ登場人物を愛して魅力...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月15日

 非常に面白かった。小説を通して、社会というものを見る。いや、世界、と言った方がいいだろうか。羅列型の世界観のなかで、答えなんて存在しないことを知りながら、それでもなお各々が答えを探し続けなければならない。
 実はこの本自体が、一人の人間による「偽物の、借り物の、まがい物の世界」でしかないわけですが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月22日

どの本も読んでみたくなる池澤夏樹の解説が面白くて面白くて…。読んだことがない本で特に読みたくなったのは白鯨です。京都大学でこの講義を受けた学生さんが本当にうらやましいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月10日

作家・池澤夏樹による京都大学特殊講義の講義録。
スタンダールからピンチョンまで10人の小説家の代表作を取り上げ、様々な視点で考察した内容をまとめたものです。世界的に有名な小説はどのような視点で構成され、ストーリーが成り立っているのかがとても判りやすくて面白い。実際の講義の内容ですから口語体であること...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play