ニュースや本じゃわからない自衛隊の“今”を、18才の新隊員たちを主人公に、細部までとことんリアルに、ドラマは最高に熱く描く、笑いと涙の青春自衛隊ストーリー! 災害派遣で被災者に感動を与えた自衛官たち。その自己犠牲の精神、強さ、謙虚さはどのようにして育てられるのか?全国民注目の話題作、待望の第1巻!
1974年生まれ。自衛隊に所属後、1995年に「トンボ」でヤングサンデー賞を受賞し、デビュー。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
漫画アクション
ページ数
197ページ
電子版発売日
2013年03月01日
紙の本の発売
2012年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • ライジングサン 1巻
    通常版 1巻 540円(税込)
    ニュースや本じゃわからない自衛隊の“今”を、18才の新隊員たちを主人公に、細部までとことんリアルに、ドラマは最高に熱く描く、笑いと涙の青春自衛隊ストーリー! 災害派遣で被災者に感動を与えた自衛官た...
  • ライジングサン 2巻
    通常版 2巻 540円(税込)
    自衛隊に入隊! これまでの常識が通用しない、けれど何もかもが新鮮なこの世界で、自衛官候補生となった一気の人生は大きく変わっていく…! ニュースや本じゃわからない自衛隊の“今”を、とことんリアルに、ド...
  • ライジングサン 3巻
    通常版 3巻 540円(税込)
    運動神経ゼロ、ミリタリーに興味なしでも自衛隊に入隊できます! ニュースや本じゃわからない自衛隊の“今”を、18才の新隊員たちを主人公に、細部まで とことんリアルに、ドラマは最高に熱く描く、笑いと涙...
  • ライジングサン 4巻
    通常版 4巻 540円(税込)
    入隊して初の休日外出にわきたつイッキたち自衛隊候補生。しかし外出にも驚きの厳しいルールが…!そしてその外出を使わずひとりボクシングの自主トレに励むバディの来嶋。班員たちからオリンピック候補のエ...
  • ライジングサン 5巻
    通常版 5巻 540円(税込)
    難関の“10キロ行進”を克服し成長、団結したイッキたち自衛隊候補生。しかしその喜びも束の間、彼らに突きつけられたのは“職種教育”。彼らの進む15のルートの先に待つ未来は!?
  • ライジングサン 6巻
    通常版 6巻 540円(税込)
    夢もとりえもない平凡な日々を送る甲斐一気はイキオイで自衛隊に入隊! そこは新生活一週目にして早くも銃を撃たされるオドロキの世界。若き候補生たちは3ヵ月の教育訓練に挑む! GW休暇明けの希望職種提出を...
  • ライジングサン 7巻
    通常版 7巻 540円(税込)
    夢もとりえもない平凡な日々を送る甲斐一気はイキオイで自衛隊に入隊! そこは新生活一週目にして早くも銃を撃たされるオドロキの世界。若き候補生たちは3ヵ月の教育訓練に挑む! GW休暇明け、戻らなかったの...
  • ライジングサン 8巻
    通常版 8巻 540円(税込)
    夢もとりえもない平凡な日々を送る甲斐一気はイキオイで自衛隊に入隊! そこは新生活一週目にして早くも銃を撃たされるオドロキの世界。 若き候補生たちは3ヵ月の教育訓練に挑む! 無事欠員なしで迎えた次な...
  • ライジングサン 9巻
    通常版 9巻 540円(税込)
    夢もとりえもない平凡な 日々を送る甲斐一気は イキオイで自衛隊に入隊! そこは新生活一週目にして 早くも銃を持たされるオドロキの世界。若き候補生たちは3ヵ月の教育訓練に挑む! 自衛隊での生活に慣れ...
  • ライジングサン 10巻
    通常版 10巻 540円(税込)
    夢もとりえもない平凡な日々を送る甲斐一気はイキオイで自衛隊に入隊。そこは新生活一週目にして早くも銃を持たされるオドロキの世界。若き候補生たちは3ヵ月の教育訓練に挑む。ついにこれまでの訓練の総...

書店員のおすすめ

「どうせ働くならよく分かんねぇ一人の社長(やつ)のために働くより 国(1億人)のために働くほうが面白そうじゃねーか!」
そんな一言を軸に、一人前の自衛官を目指す「自衛隊マンガ」です!無鉄砲で熱く、感情のまま行動する主人公は、レスキューマンガなんかでは王道といえば王道ですが、『ライジングサン』は自衛官の細かいディテールにも凝っているので既読感はありません。
キーホルダーやアクセサリーとして一般化してる「ドッグタグ」の用途や、自衛官のズボンのボタンの硬さ、宿舎でのシーツの敷き方など、描写が細かくて感心!!
そして何より、今この時代に「人命救助」や「災害現場」を描くことには、他のテーマのマンガを描くのとは異なった使命感があったことと思います。「災害現場」を描くことへの作者の気遣いや苦悩も、作中から感じ取って貰えれば嬉しいです。(書店員・アンコウ)

ライジングサン 13巻

Posted by ブクログ 2017年09月16日

富士樹海の訓練は、広瀬の脱落宣言から、広瀬を気遣いながらも自候生達が本音をぶつけ合う。おかげで低体温症への流れが無くなったのは漫画としても、自衛官としての絆=同期の桜としての連帯感が生まれようとしている描写だ。新海班長の独白は、若い読者に自候生の適材適所を説明する。イッキの滑落が、これでもか~と物語...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ライジングサン 2巻

Posted by ブクログ 2017年08月30日

制服に身を包み、銃授与式から候補生の本格的訓練と、教官である班長の厳しく「理不尽」なしごきが始まった。自分は何てユルイ世界にいるのだろう? という思いを抱きながら読み進めた。新海班長の、過去の災害派遣で受けた心の傷も、候補生に辛く当たる理由を正当化できるとは現時点では思えず。まだ、候補生の方に感情移...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ライジングサン 4巻

Posted by ブクログ 2017年08月30日

髪の伸びた神崎候補生がカバーか。凛々しく整った顔立ちなんだけどね~(^^; それは兎も角、鉄線鋏カバーを見るけることで訓練隊が一つになった。来島の背負うものは重いが、叩き上げで登り詰めようとする彼には今一つ感情移入できず。教育隊最大の山場である夜間10km行進がどうなるか? 一気は嬉々として歩いてい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ライジングサン 3巻

Posted by ブクログ 2017年08月30日

基本教練。銃の携行に関する様々な注意事項と、税金を原資として支給された物品に関する心得の叩き込み。そんな中、鉄線鋏カバー紛失に伴う全候補生による探索、訓練班長の姿勢、候補生の覚悟がいい感じで描かれている。理不尽な規律に自らを追い込む、各候補生の苦しく悲しい事情に悲しみを感じる。

このレビューは参考になりましたか?

ライジングサン 1巻

Posted by ブクログ 2017年08月30日

書店平積み。帯とカバー裏のあらすじに興味が湧いて購入。型破りな高校生・甲斐がどうやって高校を卒業できたか疑問だが、逃げ込んだ山で出会った自衛官に憧れて自衛隊に入隊。まあ動機としてはありかな。そして個性的な同期は、やはり漫画ならでは。さて、取り敢えず次巻を読んでから判断しよう。それにしても警察・自衛隊...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ライジングサン 5巻

Posted by ブクログ 2017年08月30日

10km行進での一気のポテンシャルは自衛官・レンジャーの枠を超えているということか? レンジャーの最低走力が3000mを10分38秒以内というのはスゴイ。後半の職種教育から、候補生の進路が決まり、新たな展開となっていくのだな。

このレビューは参考になりましたか?

ライジングサン 6巻

Posted by ブクログ 2017年08月29日

自候生として初めてのGWで、それぞれの故郷へ戻ったイッキ達。このGW中の教官の心労が何となく分かる気がする。故郷に居場所があればあるほど、自衛隊とのギャップは大きくなる。そんな風に思っていたのだが、戻ってこなかったのが神崎だったとは! 彼女に何があったのだろう。新海班長は予想していたのか? う〜ん、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ライジングサン 7巻

Posted by ブクログ 2017年08月26日

今回訓練シーンはないが、カバーは陸自の戦闘服。迷彩のための草木を挟むスリットが付いているのを知った時には驚いたものだ。初めてのGW休暇で帰隊しない神崎自候生にまつわる青春ドラマで一巻を使っている。

このレビューは参考になりましたか?

ライジングサン 8巻

Posted by ブクログ 2017年08月26日

実弾射撃訓練を通して指導班長と自候生との心理を緊張感たっぷりに描写している。上下関係が統制の鍵となっている自衛隊で、班長への逆恨みから「鍵」が無効になったら……そんな不安は経験者でなくとも想像できる。トラックに揺られて辿り着いた射場の不気味な雰囲気もすごかった。

このレビューは参考になりましたか?

ライジングサン 9巻

Posted by ブクログ 2017年08月24日

陸自の教育訓練で慣れから生じる気の緩み。自候生の日常をほのぼの見せた後での教官からの試練。一気たち自候生がその試練=上官の命令に囚われずに自分のなすべきことを自発的に行なった描写に、安心と感動を覚えた。

このレビューは参考になりましたか?