相剋の渦~勘定吟味役異聞(四)~

相剋の渦~勘定吟味役異聞(四)~

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※この作品には販売期限があります。
2020年08月05日を過ぎると販売を終了致します。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

徳川宗家を相続した家継(いえつぐ)の傅育(ふいく)係・間部越前守(まなべえちぜんのかみ)が襲撃された。賊は次期将軍の座を狙う手の者か? 勘定吟味役・水城聡四郎は、新井白石に忌避されている身でなすすべがない。そんな時、尾張藩を放逐(ほうちく)されたお旗持ち衆の画策や、長崎奉行減員の噂を知った。そこに、敵対していた豪商・紀伊国屋文左衛門が、聡四郎に手を組まぬかと再三にわたって言い寄って来るが……。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年02月22日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

相剋の渦~勘定吟味役異聞(四)~ のユーザーレビュー

レビューがありません。

勘定吟味役異聞 のシリーズ作品 4~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 相剋の渦~勘定吟味役異聞(四)~
    徳川宗家を相続した家継(いえつぐ)の傅育(ふいく)係・間部越前守(まなべえちぜんのかみ)が襲撃された。賊は次期将軍の座を狙う手の者か? 勘定吟味役・水城聡四郎は、新井白石に忌避されている身でなすすべがない。そんな時、尾張藩を放逐(ほうちく)されたお旗持ち衆の画策や、長崎奉行減員の噂を知った。そこに、敵対していた豪商・紀伊国屋文左衛門が、聡四郎に手を組まぬかと再三にわたって言...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 地の業火~勘定吟味役異聞(五)~
    徳川御三家筆頭尾張家当主・吉通(よしみち)が急死。江戸入りしていた紀州家当主・吉宗も動く。水城聡四郎(みずきそうしろう)は、吉通の死の謎を探るよう、新井白石に命ぜられ、京へ上る。聡四郎を阻止すべく、東海道を暗躍する刺客たち。背後には紀伊国屋文左衛門の影が。幼き七代将軍・家継(いえつぐ)を巡り、混迷を深める幕府と御三家の争い。一放流(いっぽうりゅう)の豪剣で立ち向かう聡四郎は...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 暁光の断~勘定吟味役異聞(六)~
    新春早々、水城聡四郎(みずきそうしろう)は、新井白石から大奥年寄絵島(えじま)の起こした騒動について調べよと命ぜられた。幕府最大の懸案は、七代将軍家継(いえつぐ)の後継者を誰にするか。政敵同士が暗躍し、大奥での対立には豪商紀伊国屋文左衛門の影が? 尾張藩騒動後、次期将軍継承者は紀州家当主・徳川吉宗か、それとも……。巨万の富を誇る豪商が狙う標的とは!? 阻むか聡四郎の必殺の一閃...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 遺恨の譜~勘定吟味役異聞(七)~
    将軍家宣の寵臣(ちょうしん)だった間部詮房(まなべ あきふさ)と新井白石が謀議? 情報を得た豪商紀伊国屋文左衛門が、米相場の暴落を策す。水城聡四郎(みずきそうしろう)と家士の大宮玄馬は、白石の命で探索中、忍や僧侶たちに襲撃される。豪商が放つ暗殺集団か? 死期の迫った柳沢吉保の最後の野望に肩入れする紀伊国屋が、大奥に送り込んだ刺客とは!? 次期八代将軍を巡る暗闘に、聡四郎主従の...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 流転の果て~勘定吟味役異聞(八)~
    柳沢吉保の遺言を果たすべく、徒目付(かちめつけ)永渕啓輔(ながぶちけいすけ)は徳川吉宗の命を狙って紀州城下に潜入。一方、江戸では幼い将軍家継(いえつぐ)暗殺に、豪商紀伊国屋文左衛門が放った刺客と警固の伊賀組が死闘を展開する。その大奥で中臈(ちゅうろう)を吟味していた水城聡四郎は、渦中に身を挺し、将軍の危難を救う。次の将軍の座は誰に!? やがて一放流の聡四郎の前に一伝流の宿敵...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています