破斬~勘定吟味役異聞~

破斬~勘定吟味役異聞~

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

六代将軍家宣(いえのぶ)は、懐刀の新井白石の進言により勘定吟味役を復活、水城聡四郎(みずきそうしろう)が抜擢された。聡四郎は、勘定方に関わる一切を監査する役に戸惑いながらも、幕府財政の立て直しを図る。そんなとき、手抜き工事絡みで、庶民の貨幣への不信を知った。数回に及ぶ小判の改鋳(かいちゅう)は誰が? それに絡む利権の集約先は!? 不正を糺(ただ)す、聡四郎の免許皆伝・一放流必殺の太刀!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年02月22日
コンテンツ形式
XMDF

「破斬~勘定吟味役異聞~」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年03月24日

全八巻。
チャンバラだけやってきた算学できない旗本が、
ひょんなことからマルサみたいな職に抜擢され
政治の闇に巻き込まれる話。

どっちが先に書かれたのか分からんけど、
先に読んだ「奥右筆秘帳シリーズ」と似たような感じ。
誰が敵で味方か曖昧なニヒルな政治の世界。
時代はこっちの方が五世代くらい前。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月29日

シリーズ第一弾
後の巻を読んでいるが、やはり少し知っていることが鼻につく、仕方ないか
六代将軍家宣のとき、勘定奉行を追い落とすことを新井白石に託された水城聡四郎の物語、男勝りの紅も登場
今後の展開を期待させる物語

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月02日

最近お気に入りの上田秀人先生のシンシリーズ
勘定吟味役異聞です
主人公はその剣の腕を見込まれて新井白石が登用した
なまじ剣のみの人生だったため世間知らずが幸いし
幕府の公金を私する巨魁たちを探索し成敗する
1巻で大したもんだ・・・次の敵役が見劣りしないように

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月11日

徳川6代将軍の時代から始まる物語。私にとっては初めての上田秀人作品。1度シリーズ全巻を読んだのだが、主人公水城聡四郎が活躍する新シリーズが発刊されると聞き、また読み始めた。巻を重ねるごとにおもしろくなるこのシリーズ。第1巻はまだまだ序章。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年06月17日

今を時めく(……のかしら)上田秀人氏が書く、勘定吟味役水城総四郎の物語。相変わらず大舞台です。ヒロインがあんまり可愛くないけど、主人公がとても器のでかい人なので、ちょうどいい感じ。剣の腕は一人前ですが、人生はまだまだ途上。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!