その絵本を読む者は悪(ヴィラン)に染まる

「赤ずきん」の嘘つきオオカミ、「白雪姫」のいじわる王妃、「青髭」の殺人公爵など、童話やおとぎ話の悪役たちが勝利するという最悪の結末が描かれた絵本【ワーストエンド・シリーズ】。
 その中に棲む悪役たち(ヴィランズ)は、絵本を所有した人間に取り憑き、その醜い欲望を剥き出しにする――。

 親友の失踪、バスジャック事件、高校生・笠木兼亮の周囲で起こる異変の数々は、これから始まるさらなる事件への前兆だった。そして、蒼い目を持つ少女・帯刀月夜と出会った瞬間から、彼は不可思議な戦いの渦に巻き込まれていくことになる。悪役(ヴィラン)に借り受けた異能力を使い、罪を犯す者と、それを阻止する者たち。互いの能力を駆使し死力を尽くした戦いの幕が上がる。

 第5回小学館ライトノベル大賞ガガガ大賞受賞『こうして彼は屋上を燃やすことにした』で鮮烈なデビューを飾ったカミツキレイニー、待望の新作!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
312ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 憂鬱なヴィランズ
    通常版 1巻 648円(税込)
    その絵本を読む者は悪(ヴィラン)に染まる 「赤ずきん」の嘘つきオオカミ、「白雪姫」のいじわる王妃、「青髭」の殺人公爵など、童話やおとぎ話の悪役たちが勝利するという最悪の結末が描かれた絵本【ワ...
  • 憂鬱なヴィランズ2
    通常版 2巻 637円(税込)
    次々と現れる敵の読み手たち。激戦始まる。 「所有した人間に悪役(ヴィランズ)の能力を貸し与える絵本“ワーストエンド・シリーズ”。  親友の失踪事件をきっかけに『赤ずきん』の読み手となった兼亮は、...
  • 憂鬱なヴィランズ3
    通常版 3巻 648円(税込)
    明かされる月夜の過去と“絵本”誕生の秘密 「その絵本を作ったのが、帯刀月夜自身だとしても?」  月夜が『ワーストエンド・シリーズ』の作者!?  千鳥からもたらされた情報に困惑しながらも、兼亮は絵...
  • 憂鬱なヴィランズ4
    通常版 4巻 648円(税込)
    “イラストレーター”急襲!村瀬一郎の反逆! 夕陽ヶ丘恒例、獅子神神社の冬祭り。  その最中、月夜チームの面々によって行われた大捕り物。『不思議の国のアリス』の読み手である如月シェリーを捕獲し、村...
  • 憂鬱なヴィランズ5
    通常版 5巻 680円(税込)
    “絵本”を巡る悪役たちの物語――最終章。  返却用のハンコをPOMに奪われ、“絵本”の返却はおろか、貸出期間を延長する術すらもなくした兼亮たちは、萩原きいろを確保し、彼女の『金の卵を産むガチョウ』の能...

憂鬱なヴィランズ2

Posted by ブクログ 2013年01月01日

待望の千鳥回! まだ2巻だけども、ちょう待望してた! ダークヒーローぽかったりとか伝奇ぽくもあったりとか、雰囲気的には他にもありそうだけども、この読み味と読後感は他ではそうそう味わえない気がする。巻末コーナー、スケベなヴィランズも最高でしたw あと、千鳥も凄かったけど、新キャラも凄かった。特に萩原き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

憂鬱なヴィランズ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年12月01日

これは悪役の物語。話しの序盤、展開、設定が良かった!新鮮で読みやすかった。ヒーローとダークヒーロー、主役と悪役、ハッピーエンドとバッドエンド。これがこの作品の醍醐味であると思います。表と裏、プラスとマイナスのように正反対のものだけれど実はとても近くて少しのきっかけでどっちでもなれることを読んでいてふ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

憂鬱なヴィランズ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年08月24日

悪役(ヴィランズ)に焦点を当てた絵本に纏わる物語。
まず表紙に目がいった。青い双眸に見つめられるその様はまるで本編よろしく、心を見透かされている――いや読まれているかのよう。
誰ものヒーローで在り続けようとした者。そのヒーローに憧れ、友達になろうとした者。ヒーローの大事な唯一の家族――。

そして、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

憂鬱なヴィランズ3

Posted by ブクログ 2013年08月07日

主人公の情けなさっぷりが酷い。一郎の方がよっぽど主人公してる気がする。でも今巻で主人公もようやく覚悟と理由を決めたようで今後どうなってくか楽しみです。
あと千鳥さんかわいいです

このレビューは参考になりましたか?

憂鬱なヴィランズ

Posted by ブクログ 2012年08月30日

童話をモチーフにした学園異能バトル。

シリーズものの1巻らしい感じで、異能の解説やキャラの紹介を上手く挟みつつ、ストーリーも良い意味で分かりやすい展開で良かったと思う。

「本当は怖いグリム童話」的なネタを使うのであれば、もう少し作品の背景とか解釈なんかに踏み込んでほしかったなと。今作は「赤ずきん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

憂鬱なヴィランズ

Posted by ブクログ 2012年08月26日

悪役の力を借りれる絵本を利用して盗まれた絵本を探す異能力バトルもの バトルものですが、バトルより独特の雰囲気を楽しむ系
魅力的な悪役の物語が魅力的にならないわけがおはなし 童話モチーフ美味しい

このレビューは参考になりましたか?

憂鬱なヴィランズ5

Posted by ブクログ 2014年10月31日

絵本の悪役に魅せられた読み手たちの異能力バトル
最終巻

絵本の回収と返却を進めるべく行動する兼亮たちの物語も
終わりに近づくにつれ
次第に真相が明らかになっていく
読み手、ワーストエンドシリーズの作り手とそれをめぐる組織とが絡み合い
物語は佳境を迎えるのだった——


***


終わってしまった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

憂鬱なヴィランズ2

Posted by ブクログ 2013年01月17日

最低な結末ばかりが語られた絵本
「ワーストエンド・シリーズ」
それに魅せられた者達の物語

者達と言っても、殆ど高校生っぽい
そんなことや、どうやってワーストエンドシリーズが
世に散らばってしまったのか?
その片鱗が見える回

今回は、話のテンポがあまりよくなくて
なんだろう、冗長的なんだろうか
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

憂鬱なヴィランズ

Posted by ブクログ 2012年08月21日

『こうして彼は屋上を燃やすことにした』のカミツキレイニー最新作。

前作と違って学園異能バトル?
って最初は思ったけどちょっと違う感じですかね。
絵本を使った異能設定といいお話のまとめ方といい、
ああ、なんかこんな感じの作家さんだったなと思う感じ。

所々たどたどしく感じる部分もありましたが、
読み...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?