いつか陽のあたる場所で
作者名 :

1巻配信中

価格 637円 (税込)

小森谷芭子29歳、江口綾香41歳。ふたりにはそれぞれ暗い過去があった。絶対に人に知られてはならない過去。ふたりは下町の谷中で新しい人生を歩み始めた。息詰まる緊張の日々の中、仕事を覚え、人情に触れ、少しずつ喜びや笑いが出はじめた頃──。綾香が魚屋さんに恋してしまった! 心理描写・人物造形の達人が女の友情に斬り込んだ大注目の新シリーズ。ズッコケ新米巡査のアイツも登場。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
339ページ
電子版発売日
2013年01月04日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

いつか陽のあたる場所で

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月25日

直木賞の凍える牙から音道刑事シリーズにはまり、そういうミステリーものかと思って手に取ったら、全然違う世界を見せられて魅せられてしまった。乃南アサさんの作品にはまってゆく。
本作は、前科者の女性二人が住宅街の普通の街に溶け込み日々普通にはたらき懸命に生きささやかでほのかに暖かい生活を営む物語。恋人でも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いつか陽のあたる場所で

Posted by ブクログ 2017年11月08日

「マエ持ち女二人組」シリーズの第1巻。
刑務所で知り合い刑期を終えた芭子(29歳)と綾香(41歳)。刑期を終えて、社会に復帰しつつも、それぞれの道を模索している。本書ストーリーでは、取りたてて殺人事件などといった大きな事件が起こるわけでは無いが、二人の奮闘する姿が描かれている。
別シリーズ「新米巡査...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いつか陽のあたる場所で

Posted by ブクログ 2016年08月24日

小森谷芭子29歳、江口綾香41歳
「マエ持ち女二人組」の副題が表す通り
ふたりが出会ったのは刑務所の中・・・

決して知られたくはない過去を隠しながら
必死で生きていこうとする女二人という
重いテーマながら、軽妙で読みやすいのはさすが。

地に足をつけ、これからしっかり進んでいけるといいなと
思わず...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いつか陽のあたる場所で

Posted by ブクログ 2016年04月26日

なんとなくタイトルに惹かれ手に取った。惹かれたのは同一タイトルのドラマを見ていたからだと読んでから気づいた。

淡々とした文章なのに、主人公が住む下町の描写は生き生きとしていて、その光景が頭の中で自然と描けた。
ムショ帰りの女2人がどう生きていくかという重いテーマにも関わらず、さくさくと読めるのは綾...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いつか陽のあたる場所で

Posted by ブクログ 2015年05月21日

わけアリのマエ持ち女二人組とは、一回り違いの女が二人シャバで普通に暮らしていけるのか‥‥ そりゃぁ大変だと思う。辛いことも怖いと思うこともあるだろう。この先バレない様に暮らして行けるか??

このレビューは参考になりましたか?

いつか陽のあたる場所で

Posted by ブクログ 2015年04月27日

題名も絶妙。確かにその通り。受刑者のふたりが地に足をつけて一歩一歩踏み出して行く姿にエールを送りたくなるそんな作品。下町が舞台になっていて、登場人物も気になる人がいっぱい。
続編もスピンオフもあるらしいので
期待したい。

このレビューは参考になりましたか?

いつか陽のあたる場所で

Posted by ブクログ 2013年11月22日

今の自分の心に、作者の言葉が突き刺さる。逃げ場はない。

前科者というレッテルとどう向き合うべきか、二人の女性が模索していく。
自分も精神病を患ったというレッテルとどう向き合うべきか、模索せねばならない状況だ。今後、どのように折り合いをつけて行くのか、興味深い。

平和な解説が、白々しい。レッテルを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いつか陽のあたる場所で

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年10月02日

二人の女性のキャラがいいですね。ひたむきに、前向きに生きる姿が素敵でした。
さらに高木さんやお爺ちゃんもいい味出してる。
日常の生活の描写も面白かったけど、最後の手紙は泣けました。 
自分が過ちを犯したら、家族や友達とはどうなるだろう?
普段あまり、馴染みのないテーマに対して、楽しみながらもいろいろ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いつか陽のあたる場所で

Posted by ブクログ 2018年10月02日

乃南アサさんの本を読むのって初めてじゃないだろうか。この小説、NHKでずいぶん前にドラマになっていてそれを見て以来、原作を読みたいなと何となく思っていた。
やっぱりドラマより原作のほうがいい。ドラマでは結局、主人公・芭子は親・きょうだいとのつき合いが復活するというものだったけど、何だかその経緯がすっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

いつか陽のあたる場所で

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月02日

刑務所から出所した二人の女性のその後を描いた作品。29歳の芭子と41歳の綾香の友情と、罪を犯した過去を持つ心境を、芭子の目線で描かれています。お嬢様育ちの芭子の甘さが鼻につくものの、最後には彼女を取り巻く世界の中で自分だけの不幸に酔うことの甘さに気づく成長物語でした。綾香に比べて圧倒的にただただ愚か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?