自縄自縛の私
作者名 :

1巻配信中

価格 583円 (税込)

どうしてそんなことを? と訊かれたならば、魔がさしたから、としか答えようがない。縄はどんな抱擁よりもきつく、私の躰と心を抱きとめる──。仕事に追われる日々の合間、自分を縛ることを密かな楽しみにしている「私」を描いてR-18文学賞大賞を受賞した表題作、女子高校生の初恋が瑞々しい「渡瀬はいい子だよ」など、“不器用”さすら愛おしい女の子たちをめぐる、全6編。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
254ページ
電子版発売日
2013年01月04日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2013年01月31日

最初はエロいなと。
でも読み進めるうちに、みんながそれぞれ抱える弱さがよかった(・ω・)
私の中にもきっとある。

このレビューは参考になりましたか?

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2013年01月13日

最後の一編、「渡瀬はいい子だよ」を 読み終わって、私は泣き出しそうだった。
それぞれの女の子が抱えた秘密、性癖、がんじがらめになっている彼女たちが蛭田さんのつづる柔らかい眼差しの文章で描かれていて、どれも良かった。

映画は表題作のみと知り、ほかのも観てみたかったなぁと思う。

このレビューは参考になりましたか?

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2013年01月10日

どの話もすごくしっくり魅力的で文章が読みやすくてすきです。
ひとりひとりに大事な譲れないものがあって、それはきっと退屈なものだったり、想像もできないものだったりするんだろうな。

一回くらい縛ってみたくなるような、ちょっと新しい扉でも開いてみたいような、ステキな本でした。

このレビューは参考になりましたか?

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2012年12月09日

すさまじく簡単にまとめると、特殊な性癖を持つ人たちの話、です。
胸がざわざわして、落ち着かなくなる。のに、読むのを止められない。
そこはかとない寂しさが漂っていて、どうしようもなく引き込まれてしまう。
この人の小説はこれからも読みたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2013年03月23日

甘美なお話たち。そして全てリンクしている。欲望があるのも、欲望に忠実なのも、自分と向き合えるからこそ。ラストの短編がまたいい。こんな恋愛したかった!

このレビューは参考になりましたか?

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2013年02月11日

著者が、自分と年の近い同じ元広告代理店勤務の女性というところに惹かれてなんとなく購入。(わたしは現役ですが・・・)

フィクションだけど舞台が同じ業界だったりシンパシーはあるもののあくまで舞台設定の話。それより物語の本論は特殊な性癖を持つ人々の孤独と、自分の特殊性を後ろめたく思いながらも心の何処かで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2013年02月10日

特殊な性癖だから…と言うワケではなく、誰もが持っている″誰も入れたくない部分″が痛い位あざやかに描かれている。
あとがきの「だれかの孤独や切実な気持ちに寄り添える」が、ピタリと来る物語。
渡瀬の話が特に好き。
各話が微妙につながっているあたりもツボ。

このレビューは参考になりましたか?

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2013年02月09日

きっと誰にも受け入れられない性癖。
それらを自分の心に、頑なにしまって震えている女性たち。
その切実さに胸打たれる6編だ。

SMやラバーやのぞき。
全てが著者の性癖と重なるわけではないと思うが、
ちゃんと書けていることに関心してしまった。
ただそれらの題材はあくまで表層的なものにすぎない。人が生き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2016年07月29日

 西加奈子著『ふる』(河出文庫)をよんで「なんとなく切なくやるせないのだが、そこはかとなく元気をもらえるお話」とレビューしたが、こちら蛭田亜沙子著『自縄自縛の私』にいたっては「なんとなく切なくやるせないく元気になれないお話し」であった。この小説の内容と著者氏名、蛭田っていうのが意味深であった。元気に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自縄自縛の私

Posted by ブクログ 2016年01月24日

初めての作家さんでしたが、すんなり。
人には言えない癖があって、それがうっかりばれてしまう話。

誰にも言えない秘密の時間って、うっとりする。
でもそれって、どことなく自分の殻に閉じこもっているようなもので。いったい何がどうしてそうなってしまったのか、原因を探るべきなのかもしれない。うっとりすること...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?