朝顔草紙
作者名 :

1巻配信中

価格 518円 (税込)

顔も見知らぬ許婚同士が、十数年の愛情をつらぬきとおし、藩の奸物を討って結ばれるまでを描いた『朝顔草紙』。徳川四天王、本多平八郎と同姓同名の臆病な青年武士が、戦場で名乗りをあげるたびに敵の第一目標とされ、あわてて逃げ出すという滑稽な設定の『違う平八郎』。いずれ劣らぬあわて者同士主従の不思議な心の通いあいを描いた『粗忽評判記』。ほかに『義理なさけ』など全12編。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年01月04日
紙の本の発売
1984年10月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

朝顔草紙

Posted by ブクログ 2005年10月19日

『無類は討たず』男前だなぁ〜って感じました。かっこいい。
それに比べて『違う平八郎』(笑)滑稽ものも結構好きです。本田平八郎と間違われたらそりゃ大変だったろうに。『粗忽評判記』は心が温まりますね。大人気ないケンカ。謝るきっかけをなくして素直になれないこと、誰にでも経験があるはず。

このレビューは参考になりましたか?

朝顔草紙

Posted by ブクログ 2018年11月13日

著者が選じた自身全集に選ばれなかった戦前の作品から
解説者が選んだ選集
おおかたは時代劇で
昭和23(1948)年に同時代を描いた
現代劇の一編『うぐいす』も
舞台背景が異なるだけの
今となっては同じく昔の時代劇であることがよくわかる
時代劇としてもちろん出来不出来あるものの
さすがに選集だけあって...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

朝顔草紙

Posted by ブクログ 2013年02月16日

著者選の全集に含まれない短編集。娯楽大衆小説、風俗小説の類とのことで楽しめる。「粗忽評判記」がおもしろい。13.2.16

このレビューは参考になりましたか?