菊月夜
作者名 :

1巻配信中

価格 594円 (税込)

四年間の江戸詰めの間に許婚・小房の父が狂死し家族は追放されるという運命に遭った信三郎が、事件の決裁に疑問をいだいて真相をさぐり、小房と劇的に再会するまでを描いた「菊月夜」。周五郎が年少の読者に向けて、母の愛とは何かを感動的に語りかけた「花宵」「おもかげ」。ほかに「柿」「一領一筋」「蜆谷」や、名作「青べか物語」の原型となった「留さんとその女」「蛮人」など全10編。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年01月04日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

菊月夜

Posted by ブクログ 2010年04月28日

山本周五郎は今まで完全に食わず嫌いだったけど、読んでみたら面白かった。すごくテンポが良くて、こちらの気持ちが自ずと主人公を応援する方向に向いてしまう文章は本当にすごい。そういう意味では特撮アニメを見ているかのような気持ちになる。小中学生の男の子は夢中になって読みそうです!
時代モノ中心だから仕方ない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

菊月夜

Posted by ブクログ 2011年02月17日

「花宵」「おもかげ」は良かった。「一領一筋」も良かったかな。
山本周五郎の作品いろいろ読んでみてる(とはいえまだ3冊目だが)けど、やっぱり一番初めに読んだ『日日平安』が一番だなぁ…。

このレビューは参考になりましたか?

菊月夜

Posted by ブクログ 2010年10月21日

子どもへの道徳的なお話数篇含め、10篇納める。すがすがしい結末が多いが、特に「一領一筋」が良かった。10.10.21

このレビューは参考になりましたか?

菊月夜

Posted by ブクログ 2010年06月21日

山本周五郎の作品は、映画などになっていることもあり、
興味はあったのだが、実際に読んだのは初めて。
良い話が多いが、少し単調のような気がする。
もう少し年をとってから読む本かなと思った。

このレビューは参考になりましたか?