ガール・ミーツ・ガール
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

柏木夏美は、デビュー間近の事務所期待のミュージシャン。けれども、ビジネスモードな大人たちとは噛み合わないことばかり。マネージャーの宮原祐司も、気分屋で頑固な夏美に振り回されっぱなしだ。そんなとき、二世タレントのお嬢様アーティストとのコラボレーションの話が舞い込む。性格も音楽性も天と地ほど違う異色コンビの命運は? 痛快で熱い青春小説。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2012年11月30日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ガール・ミーツ・ガール

購入済み

いつも

カナリナ 2018年08月09日

面白い 感動 共鳴
とにかく良かったです。誉田さんの作品は
何を読んでも引き込まれます。

このレビューは参考になりましたか?

ガール・ミーツ・ガール

Posted by ブクログ 2015年07月04日

疾風ガールの続編。
文章がとてもテンポよく、あっという間に読んでしまった。
武士道シリーズもそうだが、誉田さんは1人称の書き方がとてもうまい。

このレビューは参考になりましたか?

ガール・ミーツ・ガール

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年03月05日

(シリーズものでは、本来なかったはずのようだけれど)
「疾風ガール」の続編。

漫画でも小説でも映画でも、“天才”が描かれた作品は、昔から好きだった。
その中でも3指に入る面白さ。

“白誉田”、最高です(^-^)v。

人間の屑のような敏腕音楽プロデューサーに天誅が下される描写も欲しかったところで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ガール・ミーツ・ガール

Posted by ブクログ 2014年11月18日

スピード感あふれる展開の清々しいお話。誉田さんこういった青春ものの手掛けられているんだと、びっくりしつつも感動でした。

前作の疾風ガールはまだ読んでませんが
きっと夏美ちゃんの物語に重みがましてくるのでしょうね。
誉田哲也さん、読みたい本が目白押しです

このレビューは参考になりましたか?

ガール・ミーツ・ガール

Posted by ブクログ 2013年09月05日

スツロベリーナイツの著者、誉田さんが綴る青春小説「疾風ガール」の続編、「ガール・メーツ・ガール」です。

 前作、少しだけミステリーチックな展開でしたが、今回は完全な青春ストーリー。前作の最後は、夏美がデビューする所で終わりました。
そのまま、これに繋がります。

 テンポの良さはそのまま、小気味よ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ガール・ミーツ・ガール

Posted by ブクログ 2013年06月01日

本当におもしろかった!!登場人物がキラキラしてる!誉田さんの書く音楽の描写が大好きで前作といい本当に引き込まれていく 終わり方も最高です!

このレビューは参考になりましたか?

ガール・ミーツ・ガール

Posted by ブクログ 2012年04月01日

いやあ、最高です。
前作よりも面白かった。
続きも書いてほしい。

選ばれた人間のみだなあ。

このレビューは参考になりましたか?

ガール・ミーツ・ガール

Posted by ブクログ 2017年06月18日

疾風ガールの続編
今回も爽やかな終わり方かな
この手の話、ミステリは無くて正解
もう続編は無いんだろうか、出るなら読みたい

このレビューは参考になりましたか?

ガール・ミーツ・ガール

Posted by ブクログ 2014年10月26日

こら面白い。
疾風ガールは、ゆるーい感じの話だったのが
本作はスピード感のあるサクセスストーリー。
怒涛の展開で飽きさせない。

ラストはかっちりハッピーエンドだし、
ええ作品でした。惚れた。
早く続きが出ないもんかなぁ...。

このレビューは参考になりましたか?

ガール・ミーツ・ガール

Posted by ブクログ 2014年05月31日

引き続き、楽しかったです(^^)
読み終わった時、後味のいいお話しは好きです。

友人のお薦めに従い、他の作品を読もうと思います。

このレビューは参考になりましたか?