MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

作者名 :
通常価格 1,885円 (1,714円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ベストセラー『フリー』『ロングテール』を超える衝撃!
今日の起業家は、オープンソースのデザインと3Dプリンタを使って製造業をデスクトップ上で展開している。カスタム製造とDIYによる製品デザインや開発を武器に、ガレージでもの作りに励む何百万人というメイカーズ(モノ作る人々)が、いま、再び世界の産業構造を変えようとしている。
世界規模で進行する<メイカームーブメント>を決定づける一冊!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
NHK出版
ページ数
320ページ
電子版発売日
2012年10月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月02日

    3Dプリンタは一つの例に過ぎないのだろう。要はインターネットと、プログラミングで生産製品を変更できるような安価な機械(3Dプリンタ)とが組み合わさることで、製造業に変革が起きる、ということなのかな。
    このプログラミングによる製造機械の利点は、①金型への設備投資不要であるため少量でも製造コスト安であり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月08日

    ー こうした動きには、共通の背景がある。人々がこれまでにないツールを使って協力し、製造革命を生み出していることだ。

    21世紀の産業構造は、20世紀とはまったく違うものになるだろう。世界的な大企業によるトップダウンのノベーションではなく、アマチュアも、起業家も、プロも含めた、無数の個人によるボトムア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    荵?@縺カ繧翫↓隱ュ繧薙□繝薙ず繝阪せ譖ク縲ょ、ァ螟蛾擇逋ス縺九▲縺溘?ゅ>繧上f繧玖」ス騾?讌ュ縺ォ逍弱>閾ェ蛻?〒縺ッ縺ゅk縺後?∽サ願オキ縺薙m縺?→縺励※縺?k縲悟、牙喧縲阪?荳?譌ヲ繧堤炊隗」縺ァ縺阪◆縲ゅΔ繝惹ス懊j縺ョ繝?ず繧ソ繝ォ蛹悶′騾イ螻輔@縺ヲ縺?k荳ュ縲√う繝ウ繧ソ繝シ繝阪ャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    ひと昔前まで産業機械だったコンピュータは「デスクトップ」とは対極にあったが、ひとたび「デスクトップ・コンピュータ」として結びついたとき、私たちの生活は大きく変化した。そしてそれがインターネットにつながったとき、革命が起きた。さらに、ビットがアトムに影響を及ぼすとき、つまりもの作りのやり方が変化し、大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月19日

    まさに目から鱗でした。
    これまで、グローバル化、ネット化で競争は激化し、富は一部の人にのみ集中する一方、世界的に弱肉強食の時代になると危惧していた。
    しかし、本書では、インターネット、デジタル化で、一般の個人がアイデアをデジタル化し、オープンな製造ネットワークでアイデアをアトム化することができる。産...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月18日

    最先端の動向を知りたいと本気で思うなら、原書で読みなさい、と以前誰かが本で書いていましたが、まさしくその言葉を思い出させてくれた本でした。この本の著者は、クリス・アンダーソン氏で、私の読書記録によれば、今から6年ほど前に「フリー」という本を読んで衝撃を受けでいます。

    その続編とも言えるこの本を先日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月07日

    「ロングテール」や「フリー」といった著書でデジタルやネットの技術が社会や経済にもたらす価値を鋭く描き出してきた著者が、一見それらの世界とは真逆とも思える「ものづくり」に着目し、自身の実体験もふまえ、新たな産業革命に繋がる可能性を秘めた「モノのロングテール」を提唱する意欲作。

    デジタル化されたCAD...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月22日

     3Dプリンタなどのハイテクノロジーとネットが製造業の根本を変える。

     クリス・アンダーソンのこの本は「ロングテール」と「FREE」という前二作を踏襲している。「ロングテール」で語られたニッチへの参入チャンス。「FREE」で語られたアトムからビットへの可能性。3Dプリンタによる革命は製造業とこの二...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月31日

    「WIRED」の編集長、クリス・アンダーソン氏がものづくりの革命について書いたベストセラー。

    オープンソースによる、効率化・コスト削減は前作「フリー」とも繋がる。技術を持った人が必ずしもその技術を活かせていない、その隙間を埋めるウェブの未来と、そこに潜むリアルなものづくりへの渇望。
    アイデアがあれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月16日

    オープンハードウェア!
    今話題の3Dプリンタや3Dスキャナ、3DCADをデスクトップで利用する。
    今までは、欲しいパーツが無ければワンオフで製作依頼するから費用は半端なかった。
    読み進めて行く上で自分も何か造りたくなってくる。
    早速、3DCADのスケッチアップをインストールしてみた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています