冬期エベレストに、たったふたりで挑む男たちがいた。ひとりは日本の会社員、吾郎。もうひとりはロストマンと呼ばれるアメリカ人。世界の最高峰を次々と制してきたふたりは、エベレストの頂上で虚空に浮かぶ人工衛星を見る。人類最後の未踏峰・宇宙が、彼らの次なる目標となったのだ……!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
電子版発売日
2012年12月04日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • MOONLIGHT MILE(1)
    通常版 1巻 594円(税込)
    冬期エベレストに、たったふたりで挑む男たちがいた。ひとりは日本の会社員、吾郎。もうひとりはロストマンと呼ばれるアメリカ人。世界の最高峰を次々と制してきたふたりは、エベレストの頂上で虚空に浮か...
  • MOONLIGHT MILE(2)
    通常版 2巻 594円(税込)
    国際宇宙ステーション(ISS)のクルーとして再会した吾郎とロストマン。各国の代表とともにネクサス計画のための実験を続けるが、ある日、ヒューストンから緊急連絡が入る。ISSに資材を運ぶ有人カプセルロ...
  • MOONLIGHT MILE(3)
    通常版 3巻 594円(税込)
    吾郎の登山家時代の相棒、ロストマンは、現在NASAのシャトルパイロットとして、軍の機密を知る立場にいた。そんな彼を、パパラッチたちは執拗に追いかけまわす。
  • MOONLIGHT MILE(4)
    通常版 4巻 594円(税込)
    「ネクサス計画」の準備は最終段階に入り、オリオン号の打ち上げが4日後にせまった。テキサス州のジョンソン宇宙センターでは、大衆を前に第一期月遠征隊のメンバーが改めて紹介され、歓声につつまれる。出...
  • MOONLIGHT MILE(5)
    通常版 5巻 594円(税込)
    中国が打ち上げたキラー衛星を撃墜するため、ロストマン率いる宇宙戦闘機部隊は作戦を開始した。そして敵の衛星を発見、直ちにレーザーを発射する。しかし、ロストマンたちが破壊したのはダミーで、逆に、...
  • MOONLIGHT MILE(6)
    通常版 6巻 594円(税込)
    吾郎たち月遠征隊が月に降り立って3か月。スパイダーリフトでコンテナを回収する作業も順調に進んでいた。だが、月面で作業に励む吾郎にNASDAから緊急の通信が入り、故郷の母が交通事故で亡くなったことを...
  • MOONLIGHT MILE(7)
    通常版 7巻 594円(税込)
    ISS(国際宇宙ステーション)に巨大デブリ群が衝突!!ボブたち数人のクルーが、機能停止状態となった司令室に閉じこめられてしまう。この緊急事態に耕介は…!?
  • MOONLIGHT MILE(8)
    通常版 8巻 594円(税込)
    月の資源を地球に送り込む「ネクサス計画」が始まって一年。月面での吾郎たちの困難をよそに、地球では宇宙開発の最前線を紹介するバラエティー番組が人気を博していた。
  • MOONLIGHT MILE(9)
    通常版 9巻 594円(税込)
    テロリスト・カトーが仕掛けた時限爆弾と共に、トマト栽培棟に閉じこめられた吾郎たち。カトーに扇動された他の隊員も暴動状態に陥るなか、カトーは破壊工作の最終目的へ突き進んでいく!
  • MOONLIGHT MILE(10)
    通常版 10巻 594円(税込)
    理代子がISA日本支部代表として月に向かうことになった。愛する吾郎の再起を信じて、それまでトップに立ち続けようと決心する。日本そして吾郎のために道を開きにゆく理代子だが…!?

MOONLIGHT MILE(1)

Posted by ブクログ 2012年06月10日

初っ端の汁っぽい大人の世界wで読むのを辞めちゃう人はものすごく人生を無駄にしてしまうんじゃないかと思うのです。
家でゆっくり読んでください。
何回読んでも素敵です。


一巻のこの世界からあんな世界に辿り着いちゃうのか、、、とざわざわします。

このレビューは参考になりましたか?

MOONLIGHT MILE(1)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年03月29日

現行のSFマンガでは一番です。
エネルギー枯渇問題から月面開発へ、という流れもリアリティあります。

このレビューは参考になりましたか?

MOONLIGHT MILE(1)

Posted by ブクログ 2011年01月27日

あれよあれよといううちにエベレストの山頂から宇宙へ。エロもジョークもあるけど至ってマジメな宇宙漫画。話の進行は速いけど一筋縄でいったとは思わなかった。漫画の中で触れられている部分はすごく少ないけど、その後ろに膨大な時間のかさなりがあったと思わせるというか…ロマンです。はやく2巻読もう。まだ全然話わか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

MOONLIGHT MILE(21)

Posted by ブクログ 2011年01月24日

少し先の未来はこの漫画みたいになってるような気がしてきちゃいますね。
科学が進んでも結局人は変わらないのか

このレビューは参考になりましたか?

MOONLIGHT MILE(1)

Posted by ブクログ 2010年08月28日

2010/08/28現在20巻まで出版されている。
ゴッリゴリのSFマンガだが、非常に精緻に人間関係と政治が描かれているのでサイエンス・フィクションはちょっと、というひとでも「課長島耕作」が好きならきっと好き。(惹句のつもり)
展開がいつでも意表をついていてドッキドキだ!

このレビューは参考になりましたか?

MOONLIGHT MILE(20)

Posted by ブクログ 2010年06月01日

そうきたか、と思わず唸った興奮の巻。
次の巻が楽しみでしょうがない。
これでいろいろなことに説明がつきそうだ。

SF漫画の名作。

このレビューは参考になりましたか?

MOONLIGHT MILE(1)

Posted by ブクログ 2010年05月26日

そもそも私がSF好きなのがエコヒイキの原因です。
でもエコヒイキしても全く問題のない、極上の嘘。
序盤は何せ暑苦しいんですが、後半になるにつれ
近い将来宇宙の勢力図はこうなるんじゃないかと思わされる怖さが
そこはかとなく漂います。
全く今後の展開が予測できないのも愛してる!

このレビューは参考になりましたか?

MOONLIGHT MILE(1)

Posted by ブクログ 2010年01月23日

1〜13巻まで読んだところの感想。
ヤバイ!面白い!
SF好きにはたまりません。

宇宙資源開発や、アメリカvs中国の宇宙覇権をめぐる軍事対立などなどリアルでスケールの大きな設定。
そして主人公の吾郎とロストマンの因縁などなど、とにかくワクワク興奮。

最新刊の19巻まで、早く読みたい〜〜〜っ。

このレビューは参考になりましたか?

MOONLIGHT MILE(18)

Posted by ブクログ 2010年01月07日

宇宙進出・開発を描いたマンガ。でも宇宙兄弟よりも内容が現実味を帯びていて面白い。

近い将来というよりもう秘密裏にはそうなっているかもしれないと考えるとこの先のビジネスのあり方まで考えさせられるマンガ。

ちょっと男向けマンガ。

このレビューは参考になりましたか?

MOONLIGHT MILE(1)

Posted by ブクログ 2009年01月21日

アポロ11号による人類初の月着陸から36年・・・
月への新たなる挑戦が始まろうとしていた

2005年1月17日。
月資源探査衛星が計測した次世代エネルギー源「ヘリウム3」の埋蔵量は、人類の全電力消費量の1000年分に達すると試算された。

その日。
猿渡吾郎とロストマンは、エベレスト登頂を果たして...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?