思考の整理学

思考の整理学

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 572円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アイディアが軽やかに離陸し、思考がのびのびと大空を駆けるには? 自らの体験に則し、独自の思考のエッセンスを明快に開陳する、恰好の入門書。考えることの楽しさを満喫させてくれる本。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2014年01月24日
紙の本の発売
1986年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

思考の整理学 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月26日

    木村久一先生の「早教育と天才」と並ぶ思考法、教育法についての名著。
    自身の体得した思考法を次代に繋ぐ上でとても有効。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    1986年の第一刷発行から34年、購入したのは第一二二刷。
    それだけでこの本の偉大さがよく分かる。
    言い回し以外に古いと思えることもない。むしろ、コンピュータが当たり前になりAIがどんどん進化していく現代だからこそ、人間は自分たちの頭の使い方を考える必要がある。そのためにどうしたら良いのか、自らの頭...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月08日

    「創造的な思考ができなければこれからの時代は生き残れない」そのような強迫観念から自らを開放することが、創造的な思考をするのには何よりも必要なのだろう。

    創造的な思考は、しようしようと思ってできるものではない。「どうにか斬新な発想ができないものか」とか「いいものを書かなければ」などという焦りや欲は逆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    目から鱗

    yukio 2020年08月28日

    日常生活の何気ない事柄に考えるヒントを数多く見出ださせてくれた。また、一世代前の人の、落ち着いた文章にふれ、なんとなくホットした気分になれた。そういう意味で☆☆☆☆☆です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月22日

    人生で最初に病み終えた本と言っても過言ではない。
    この本は創造的思考を身につける飛行機人間になるために書かれた本である。じっくり時間をかけ自分の思考を寝かせることによって、考えをより深く理解し応用して行くことができる。そこで役に立つのが抽象化であるそれにより物事を整理し体系化することができる。自ら疑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月18日

    自分が生まれた年より前に発行されてるとは感慨深い。


    在学中に読めたことはラッキーだった。
    自分はグライダー人間に決してならないように、学んでいきていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月14日

    一文一文に「ほんまそれ!」と共感しながら読んでしまった。本文でもまさに触れられていることだが、思考やコミュニケーションそのものについて考えることの多い自分がふだんなんとなく感じていてバラバラの断片になっていた「思い」を一繋ぎにしてくれたような爽快感がある。また、改めて自分は飛行機型の人間に憧れている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月28日

    かつて大学入試に出題されたという、20年以上前の名著である。

    学校教育の場で優秀とされる人間は、いわばグライダー人間である。
    言われた通りのことをしたり、知識を詰め込んだりすることには長けている。
    しかし、自分で問題を考えよといわれるとめっぽう弱い。
    自分で飛ぶ能力がないからである。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    「考える」ということや「学ぶ」ということに関する本。
    いわゆる「詰め込み教育」のような、与えられる知識をどれだけ脳に詰め込んで忘れずいられるかという学校教育とは別の、自ら学び考える学習に重きを置いている。
    どういったことが重要だ、といった概念的な内容から、実際に思考を整理するためのメモやノートのアイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    読書会で読むために購入。著者の本は読んだことはなかったが追悼コーナーがあったため、代表作を読んでみた。
    タイトルに「整理学」とあるので学問的な内容かと思っていたが、著者の思うことややっていることをエッセイにしていた。
    考え続けるために有用なことを上げている。
    印象に残ったフレーズは「思考の整理とは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています