怪男児 麿赤兒がゆく 憂き世 戯れて候ふ
作者名 :

1巻配信中

価格 1,738円 (税込)

体を白塗りする異形な舞台で人気の「舞踏」の第一人者が、初めて書いた熱血的自伝。唐十郎との出会いで状況劇場の人気役者となり、のちに舞踏集団の大駱駝艦を立ち上げた。その芸術表現は世界に認められている。アングラの時代から現在までが熱く描かれる。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
264ページ
電子版発売日
2012年09月28日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

怪男児 麿赤兒がゆく 憂き世 戯れて候ふ

Posted by ブクログ 2012年02月05日

・麿赤兒「快男児 麿赤兒がゆく 憂き世戯れて候ふ」(朝日新聞出版)の 冒頭に、本書は「一九六一(昭和三十六)年に奈良県の畝傍高校を卒業し、芝居を志して上京以来四十歳に至るまでの私の恍惚の日々の一端で ある。」(1頁)とある。大雑把に言へば麿の半生記であらう。ただし、あくまで「一端」である。上京から四...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

怪男児 麿赤兒がゆく 憂き世 戯れて候ふ

Posted by ブクログ 2012年01月29日

ここ最近読んだ中で、間違いなくいっちばん面白かった本。

お芝居好きにはこたえられないけど、芝居好きじゃなくても
最高に面白いです。2日で読みきったですが、早く読みたいのに
終わるのが惜しくて。

60年代の演劇をやっていた方々、時代の空気などが活写されてて
私自身はそれよりずっとずっと後の世代で生...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

怪男児 麿赤兒がゆく 憂き世 戯れて候ふ

Posted by ブクログ 2012年01月03日

麿赤児

名文である。文章の密度が濃いというか、隙がないというか。
京極夏彦的な濃さではなく、より優しく孤高な濃さとも言える。

抜群にリズムが良くて、とっとっとっと読まされる。

脚本も書かれるのだから、プロの文筆家とも言えるがこのような自伝とは又別物。

ガンを克服し、己の来し方をまとめてとどめ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

怪男児 麿赤兒がゆく 憂き世 戯れて候ふ

Posted by ブクログ 2014年11月10日

まさに舞踏家!文体も踊るような感じ。麿赤兒の魅力が詰まっている。新宿騒乱のことが知りたくて読んでみたけどそれ以外の箇所もドラマチックで面白い

このレビューは参考になりましたか?

怪男児 麿赤兒がゆく 憂き世 戯れて候ふ

Posted by ブクログ 2011年11月02日

あの絵金の映画
「魑魅魍魎」の主演男優さんです
土方巽さん、唐十郎さん、寺山修司さん、千田是也さん
別役実さん…
それらが
気になって仕方ない人は
それはそれは
面白いエッセイ集ですよ

このレビューは参考になりましたか?