時は幕末。文久3年(西暦1863年)の京都。富永セイは、兄と父を「幕府を倒し天皇政治を起こそうとする長州勤皇派」に殺されてしまう。仇を討とうと考えたセイは、長州勤皇派に対立して兄が入隊したかった、「壬生浪士組」の入隊試験を受けた。そのために、名前を神谷清三郎とかえ、性別も男と偽った。なんとか入隊を許され、副長助勤の沖田総司の下に付くことができた清三郎。ところが、まわりはケダモノのような浪士だらけで…!?幕末青春グラフィティ!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
flowers
電子版発売日
2012年10月05日
紙の本の発売
1997年10月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 風光る(1)
    通常版 1巻 453円(税込)
    時は幕末。文久3年(西暦1863年)の京都。富永セイは、兄と父を「幕府を倒し天皇政治を起こそうとする長州勤皇派」に殺されてしまう。仇を討とうと考えたセイは、長州勤皇派に対立して兄が入隊したかった、...
  • 風光る(2)
    通常版 2巻 453円(税込)
    性別を偽り「壬生浪士組」に入隊した、神谷清三郎こと富永セイ。沖田総司を師と仰ぎ、真の武士を目指して日々修行に励むセイ。そんな折、大坂で横行している「壬生浪士組」の名を騙った押し借りの調査をす...
  • 風光る(3)
    通常版 3巻 453円(税込)
    清三郎は浪士組からの進退を賭けて沖田(おきだ)と勝負することに。ところが、勝負のさなか清三郎はお馬(初潮)を迎えてしまう。明里(あけさと)に手当の仕方を教わり表向きは遊里に連泊して遊んでいる...
  • 風光る(4)
    通常版 4巻 453円(税込)
    酒乱、短気、尊大、我がまま、でもなぜか憎めない芹沢局長が恋をした!だが、時には怒り見下げ果てつつも芹沢への理解を深める清三郎にとって、「誠」の武士が進む道はあまりに非情で…!?
  • 風光る(5)
    通常版 5巻 453円(税込)
    芹沢の暗殺、局中法度の制定…武士として生きる事の厳しさに傷つきながらも、日に日に成長する神谷清三郎こと富永セイ。しかし一見過酷なばかりの隊内にも、やっぱり“青春(トキメキ)”は存在して…?
  • 風光る(6)
    通常版 6巻 453円(税込)
    女でありながら、激動の「新選組」の中で着々と真の武士になるべく力を蓄えてきたセイの、豹変の時が遂に訪れた!それは「新選組」にとって長い1日、元治元年6月5日。三条小橋の旅籠・池田屋で…!?
  • 風光る(7)
    通常版 7巻 453円(税込)
    池田屋での大活躍により、全国に勇名を馳せた「新選組」。だが、京の人々の彼らへの嫌悪は、逆に深まるばかりだった。傷つき苦悩する清三郎ことセイは…!?
  • 風光る(8)
    通常版 8巻 453円(税込)
    「禁門の変」は京の町が焼ける大惨事の末に終結し、苦い勝利を得たセイたち。そんな中、「新選組」が大火に乗じて六角獄舎の罪人を惨殺したという噂が…!?幼い日の総司と、近藤、土方の出逢いを描いたサイ...
  • 風光る(9)
    通常版 9巻 453円(税込)
    「禁門の変」での功績を認められ、着々と幕軍の精鋭部隊となっていく「新選組」。隊の拡充が求められ、新入隊士勧誘の為、藤堂平助が江戸へ旅立った後の局中では、大幅な編成替えが行われることになるが…!?
  • 風光る(10)
    通常版 10巻 453円(税込)
    数々の修羅場をくぐり、次第に勇名を馳せてゆく「新選組」。編成替えによって沖田隊から総長付きの小姓となった清三郎ことセイは、戸惑いながらもなお己の道を貫く決意を固める。そんな中、隊士募集の為、...

風光る(40)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年05月27日

いよいよもって、終わりが近くなってきた。。。
この巻は山崎さんのとこと、沖田のとこで涙が止まらんかったです。

ところでおセイちゃんてもしや、最終的には斎藤一とくっつくというオチだったりするのだろうか……。

このレビューは参考になりましたか?

風光る(38)

購入済み

何度も読みたい

まりた 2016年05月27日

10年以上前、高校時代、友人に勧められて読み始めました。
最高の新撰組漫画。
何度でも読み返したい。
はやく結末が知りたいし、一生終わってほしくない。
主人公のセイちゃんも、最初は向こう見ずなところが苦手だったはずなのに、今ではすっかり愛娘感覚です。
かわいすぎかよ。
正直、コスパ良すぎ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

風光る(1)

Posted by ブクログ 2015年01月28日

ここへの登録を機に一巻から読み返し中。

主人公はオリジナルキャラクターで男装して新選組に入隊しているという設定の神谷清三郎。

史実はきちんと押さえられていて、清三郎がいるのに違和感のない話の進みが素晴らしいです。
新選組を題材とした漫画では一番好き。

気取らず、決して格好良いだけではない等身大...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

風光る(35)

ネタバレ購入済み

だんだんと幕末へ

ぺけちゃん 2014年07月13日

療養中の沖田先生はもどかしかったでしょうね~。
大政奉還のタイミングにこんな謎があったなんて、
驚きました。

このレビューは参考になりましたか?

風光る(41)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年01月29日

もうセイちゃんは、おなごには戻らないのですかね……。
おなごに戻るときは、新選組が無くなるとき……かと思うけど、総司って確かそれまでは生きてなかったような。。。

箱館まで行くんですかね。
榎本武揚が、割と重要人物として描かれてるので行くのかなと思いますが、するともう近藤もいないんですけど。
セイち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

風光る(1)

Posted by ブクログ 2017年05月27日

ずっと気になってたけど巻数が結構あるので読めなかった。よし読むぞといざ買ってみたらめちゃくちゃ面白くて止まらない…
新撰組+男装で薄桜鬼(好みじゃない+主人公が嫌い)思い出して読むのが億劫だったけどこれは読んでよかった。

少女漫画にありがちな展開になるのはちょっと怖いけど、とりあえず序盤のセイの頑...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

風光る(31)

Posted by ブクログ 2016年03月12日

素直で、考えるの苦手で、でも嗅覚が鋭くて、近藤さん、土方さんにどこまでも忠実で・・・斉藤さんに蹴られても、殴られても(あ、この巻では殴られてなかった)、シッポ振ってる、なんだか、ますます犬みたいな沖田さん。が、やっぱり、かわいいです。

セイちゃんが、余計なことに首をつっこまずにいられないのを、たし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

風光る(22)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年03月12日

この巻は、悩める斉藤さんが主人公?
そしてこれでもか、ってくらいラブコメー!てれてる沖田さんが、めちゃくちゃかわいい。どこまでも奥手な沖田さんがいいな。
斉藤さんの妄想の中の、セイちゃんと沖田さんのラブシーンも好き。
そんな男たちのもやもやをよそに、セイちゃんがますます美しく、男らしい!

このレビューは参考になりましたか?

風光る(21)

Posted by ブクログ 2016年03月12日

セイちゃんの悩みが切ない!思いつめる乙女なセイちゃんが美しい。
そして、殴られてる総ちゃん、赤面する総ちゃん、冷たくする総ちゃん、非情になろうとしてるのに体が動揺しちゃう総ちゃん、ぜんぶ魅力的なんです。すごいー!
前半の、土方さんとのやりとりがたまりません(変態?)!

後半は、翠月尼さまがすごくす...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

風光る(36)

Posted by ブクログ 2015年01月11日

斉藤さん脱走、甲子太郎と鬼副長密会?!竜馬暗殺。時代は進んでいくけど、総司もセイも武士を貫いている。

このレビューは参考になりましたか?