『堤中納言物語』は、毛虫を愛する型破りなお姫さまや、片思いに身を焦がす憂愁な貴公子などの登場人物たちが登場する物語で、世界最古の短編小説集。『うつほ物語』は全20巻、日本最古の長編物語。天上の琴を守り伝える芸術一家4代の数奇な物語だ。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
21世紀版少年少女古典文学館
電子版発売日
2012年07月13日
紙の本の発売
2009年12月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

堤中納言物語・うつほ物語

Posted by ブクログ 2012年02月23日

干刈あがたによる堤中納言物語と津島佑子による宇津保物語の子供向け現代語訳(再話)。
説明が多すぎて気が散る。でもそれは私が大人だからで、自分もこういう注釈だらけの本で言葉を覚えたことを思えば懐かしい。
とても読みやすいが歌までわかりやすく言い換えられているのは風情が消し飛んでしまって残念。

子供...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?