数字が語る現代日本の「ウラ」「オモテ」 地図と統計でみる意外な実態
作者名 :

1巻配信中

価格 738円 (税込)

自然・国土、経済や産業、文化、生活…地理にまつわる興味深い&意外なデータの裏を探ってみると、実に奥深い背景がそこにはあった!今まで見えてこなかった「知らない日本」の正体・真相を浮きぼりにする、日本地理の仰天講座。

ジャンル
出版社
学研
掲載誌・レーベル
学研新書
ページ数
260ページ
電子版発売日
2012年07月13日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

数字が語る現代日本の「ウラ」「オモテ」 地図と統計でみる意外な実態

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月08日

[ 内容 ]
新潟米の98%は「コシヒカリ」ではなかった!
富士山の標高3776m(ミナナロ)の危機…、地理にまつわる興味深い数字の裏を探ってみると、実に奥深い背景がそこにはあった。
日本の国土や自然、経済や産業、文化・生活等、いろんな側面から、今まで知らない日本の正体・真相を浮きぼりにする、日本地...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

数字が語る現代日本の「ウラ」「オモテ」 地図と統計でみる意外な実態

Posted by ブクログ 2010年01月06日

数字などのデータを活用しながら、日本のあまり知られてないような実情を紹介している。

その内容は富士山の高さだったり、米・マグロ・牛・フルーツなどの食べ物だったり、温泉だったり、東京バナナだったり、名字だったりなどなど興味を惹きそうなものを取り上げていて結構面白いと思う。

また、都市鉱山(レアメタ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

数字が語る現代日本の「ウラ」「オモテ」 地図と統計でみる意外な実態

Posted by ブクログ 2012年08月22日

文字通り、数字から現代日本を見る一冊。

内容は面白いのだけど、多岐に渡っており、まとまりがないのが残念。
雑学として読むには最適。

このレビューは参考になりましたか?