女ねずみ忍び込み控
作者名 :

1~2巻配信中

価格 514~611円 (税込)

天保五年、世間を騒がせたねずみ小僧がついに処刑された!!そこに跡を継ぐ者が現れる……。それは、ねずみ小僧の女弟子・女ねずみだった!二番弟子の頼りない男を相棒に、江戸の町を駆け巡る。助っ人に加わるのは、ねずみ小僧に恩義のある幕府の小役人!

ジャンル
出版社
学研
掲載誌・レーベル
学研M文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2012年07月13日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 女ねずみ忍び込み控
    通常版 1巻 514円(税込)
    天保五年、世間を騒がせたねずみ小僧がついに処刑された!!そこに跡を継ぐ者が現れる……。それは、ねずみ小僧の女弟子・女ねずみだった!二番弟子の頼りない男を相棒に、江戸の町を駆け巡る。助っ人に加わ...
    カート

    試し読み

  • 女ねずみみだれ桜
    通常版 2巻 611円(税込)
    密会中の僧侶と若後家を重ねて串刺しにして殺し、金品を奪う…。兇悪な犯行を重ね姿を見せぬ賊に、誰言うともなく「まぼろし小僧」の異名がつけられた。元ねずみ小僧の弟子で正義感溢れる女鳶・お千は、仲間...
    カート

    試し読み

女ねずみ忍び込み控

Posted by ブクログ 2019年01月11日

ねずみ小僧の捕縛・処刑、ねずみ小僧の女弟子お千の出現から物語が始まります。お千の器量と気風の良さ、相棒は二番弟子の南無八と小役人村雨弥市、この3人が悪を叩き、弱きを助ける物語。なかなか読みやすく、テンポもいいです。和久田正明 著「女ねずみ忍び込み控」、2011.9発行、続編があるようです。

このレビューは参考になりましたか?

女ねずみみだれ桜

Posted by ブクログ 2019年01月11日

和久田正明 著「女ねずみみだれ桜」、2012.4発行。シリーズ第2弾。「死ぬ覚悟に生きて行く覚悟、息をしている限り、人ってなそれなりに覚悟がいる。覚悟さえつけば希みも湧いてくる。」女ねずみのお千、いいことを言いますw。そして、いい仕事、泣けてくる仕事をしてくれます!

このレビューは参考になりましたか?

女ねずみ忍び込み控

Posted by ブクログ 2012年12月11日

第一弾
処刑されたねずみ小僧に女弟子が
もう一人の弟子と南無八と天文方(閑職)の村雨弥一(使い手)のコンビの誕生か

このレビューは参考になりましたか?