ニーチェ、ドラッカー、ブッダ――今、過去の偉人たちの言葉に触れ、もう一度原点に立ち帰ろうという世の中の流れがあります。
日本にも「日本国憲法」という原点の一つといえる言葉があります。不安なことが多い今の時代だからこそ、あらためて「憲法」に触れて、自分にとって大切なものは何かを見つめ直してみませんか?
本書では、その手助けとして、知っているようで知らない日本国憲法の基本を、ストーリー形式でやさしく解説しました。法律の初心者でも一時間で憲法を学ぶことができます!

ジャンル
出版社
すばる舎
ページ数
224ページ
電子版発売日
2012年07月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

憲法がしゃべった。

Posted by ブクログ 2014年09月14日

この本は小学校4年生の副読本にしてほしいです。
今日生協で買ったのですが帰って娘と息子に読ませます。
最後にほろっときますが大人が読んでも十分読み応えのある本です。
いろいろな立場があると思いますが新鮮な目で読めると思います。

このレビューは参考になりましたか?

憲法がしゃべった。

Posted by ブクログ 2012年08月15日

朝生で憲法改憲をテーマに議論されているのを観たが、恥ずかしかなら憲法に対しての知識がほとんど無く、憲法の基礎を学びたいと思い一番簡単そうに書かれている憲法の本が本書でした。

憲法や法律関係の授業は、難しい言葉が多く解りにくい印象で毛嫌いしていたが、この本はとてもわかり易い。
小学校高学年くらいから...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

憲法がしゃべった。

Posted by ブクログ 2012年05月20日

とてもわかりやすく憲法について書いてあるなと感じました。
ライ男くん、シマ男くん、本の登場人物にもなんだか親しみを持てたし、憲法くんそのものがお話しながら自分自身について(=憲法)について語ってくれるので、親しみが持てました。

このレビューは参考になりましたか?

憲法がしゃべった。

Posted by ブクログ 2012年05月17日

憲法の内容をかみくだいて説明していて、入門書としておもしろい。しかし休み時間にあるシマ男とライ男の会話は、シュールすぎてこの本の対象となる読者には理解できないかも。

このレビューは参考になりましたか?

憲法がしゃべった。

Posted by ブクログ 2011年05月10日

憲法記念日に因んで読んでみた。憲法について憲法自身がしゃべるという体裁で書いてある。
憲法が縛りをかける対象は国に対してであって個人ではないとか、
憲法を守る義務を負うのは「天皇又は摂政及び国務大臣、裁判官その他の公務員」だということも知った。彼らが「この憲法を尊重し擁護する義務を負う」と述べてある...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

憲法がしゃべった。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月05日

本にも書いてあるが、一時間で読むことができる「超」入門書。

個人的には少し物足りなさを感じたが
日本国憲法の要点をまとめてあり、とても分かりやすいです。


2012年3月時点、大阪維新の会の躍動が目覚ましい。

国政進出を目指して掲げた「維新版 船中八策」の内容には
憲法改正についての内容が含ま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

憲法がしゃべった。

Posted by ブクログ 2011年10月06日

憲法の素晴らしさを、ポイントを絞り、ストーリー形式で表現。放射能汚染によって、法治国家としての日本が問われている今、憲法と親しみたい初心者にはいいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

憲法がしゃべった。

Posted by ブクログ 2011年09月24日

■全体として何に関する本か
 本書は、日本国憲法について、幼児でも分かるような言葉で書かれた一冊である。日本社会が混沌とし、震災の影響で【25条:生存権】についても改めて考えさせられる今、日本国憲法の基本的な考え方に触れるのには適している。話の内容は決して深くはないが、学生時代に学校で教わったことを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?