もろこし紅游録
作者名 :

1巻配信中

価格 712円 (税込)

三皇五帝のひとり黄帝が造った銀牌は何千年も受け継がれてきた天下御免の証、これを持つ侠客の前には皇帝の勅命とて無力である。仙人めいた老人かと思えば若き豪傑であったり、はたまた美しい少女であったりする“銀牌侠”は、明晰な頭脳と無敵の武術を具えた謎の存在として、今日も旅の空で弱気を助け強きを挫く。蘇州では饅頭の売り上げを奪われかけた十歳の少年を助けてやり、お礼をしたいからと家に誘われたところが……。第3回ミステリーズ!新人賞受賞作「殺三狼」に始まった“銀牌侠”伝説、戦国から民国時代の中国を舞台に描く第2集。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
319ページ
電子版発売日
2012年07月13日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

もろこし紅游録

Posted by ブクログ 2011年01月23日

一巻の勢いはあまり感じられない気がするけど、
やっぱりこのひと上手いし面白い!!
続きが楽しみすぎる。

このレビューは参考になりましたか?

もろこし紅游録

Posted by ブクログ 2011年04月23日

もろこし銀侠伝の続編ですが、これだけでも読めます。相変わらず作者の趣味が良い感じに炸裂。短編なので読みやすいです。そしてちゃんとミステリー。

このレビューは参考になりましたか?

もろこし紅游録

Posted by ブクログ 2015年03月22日

ミステリについては全くの門外漢なのでどこまで合って
いるかはわからないが、前巻よりもミステリ成分が
増しているような気はする。とは言ってもトリックや
謎解きは相変わらず想像しやすいし、私の一番のお気に
入りが作者自ら王道と称し第一巻の4篇とテイストの
よく似た「鉄鞭一閃」だったりするので、私がこの
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

もろこし紅游録

Posted by ブクログ 2013年04月20日

銀牌侠もろこしシリーズ二弾
《子不語》紀元前戦国 学問都市 顔を潰された連続不審死事件 革命集団? 時代の趨勢を読めなかったが故の悲劇 心優しき老人
《殷帝之宝剣》明永楽帝 武林の使い手たちが雨宿り 密室殺人事件 巨大権力の超システム 扱いきれずに暴走する?
《鉄鞭一閃》清帝国 饅頭屋の父 首を斬ら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

もろこし紅游録

Posted by ブクログ 2012年03月01日

銀夾伝に引き続き紅游録です。

やっぱりちょっと読みなれないですが、

お話自体は面白かったです。

今回出てきた燕青はちょっとだけ知ってました。

水滸伝読んだら読み直してみたい作品です。

このレビューは参考になりましたか?

もろこし紅游録

Posted by ブクログ 2011年10月24日

もろこし銀侠伝のシリーズ第2弾!
特に銀侠伝を知らなくとも読めるお話ばっかりだけど、
ささやかなつながりもあるので銀侠伝から読むことをオススメします。

こちらも第1弾で感じた爽快さは健在。
ただ、前回と同様にやっぱり漢字が読みにくくて
若干フラストレーション感じました (笑)

このレビューは参考になりましたか?

もろこし紅游録

Posted by ブクログ 2011年10月04日

前作「もろこし銀侠伝」の続編。
古く黄帝から「銀牌」を与えられ、それを受け継いだものは「銀牌侠」と呼ばれ、皇帝の命すらも退ける力を持つ・・今日も銀牌侠が時代を超えて中国で大活躍!

みたいな。
前作の登場人物もちらほら出ていたりするのでそちらから読むのがおすすめ。
古代中国を舞台、っていうのがなんと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

もろこし紅游録

Posted by ブクログ 2010年12月28日

なかなか、面白いシリーズです^^

水滸伝を知っていれば、もう少し
楽しく読めたのかな?
私、水滸伝を全く知らないので><
でも、知らなくても楽しく読めます^^

このレビューは参考になりましたか?