34歳の絵美子は結婚して子供が二人、幸せな主婦生活を送っていた。一方、同級生の圭は人気イラストレーターになり、お金や男にも不自由しない生活を手に入れていた。夫との離婚を決意した絵美子の目には、圭のきらびやかな生活が羨ましく映り始める。圭は“絵美子の親友”の役割を内心イラつきながら演じているが……。二人の間に、ねたみや葛藤が沸々と込み上げる。女の生々しい感情を描かせたら当代一、林真理子が「女の幸せ」を問う意欲作! ドラマ化原作。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
270ページ
電子版発売日
2012年07月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

満ちたりぬ月

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年05月14日

友情とは何か。ライバルにもなり、心の支えでもある。そんな事を考えながら読んだ。
好きな人と結婚をし、子供が二人、なのに満たされない日々にピリオドを打ち離婚をした絵美子。仕事一筋で結婚をせず若い彼氏をもつ圭。同級生で古い友人同士だが、圭は絵美子を妬ましく思いながら友人づきあいをしていた。一方、絵美子は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

満ちたりぬ月

Posted by ブクログ 2017年01月09日

絵美子みたいな女はいっぱいいるよね。
辛い時だけ助けて助けてっていってすぐ男ができて最高に惚気てはいはい、ってなるやつ。
でもきっと自分もそうなのかも。
女って少なからず根本は一緒。意地悪い。

このレビューは参考になりましたか?

満ちたりぬ月

Posted by ブクログ 2016年01月31日

30歳を越えると、学生時代の友人でも随分境遇が変わってくる。
同じ教室で笑い合っていたのに、気付けば共通の話題が減ってきたりして。

今回登場する二人の女性は、ともに34歳。短大時代の同級生です。
片や早くに結婚し、二人の子持ち。
片やイラストレーターとして活躍する独身。
交互に描かれる二人の物語は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

満ちたりぬ月

Posted by ブクログ 2008年10月21日

1992年の作品
圭子は雑誌でページをもつほどの人気のイラストレーター。
独身で美しく年下の編集者の彼がいる。
同級生だった美絵子は大学卒業後すぐに結婚。
二児の母で専業主婦であるが、夫は結婚後人が変わったように恵美子に関心を持たなくなり別居中。

「仕事」や「若くて美しい男」を通してまったく違...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

満ちたりぬ月

Posted by ブクログ 2005年08月11日

私のテーマ。30代の女の幸せ。仕事が家庭か。圭がいいなー絵美子は全てにおいて中途半端なんだもん、男にも仕事にも。考え方が甘い。
真の勝ち組みは誰で真の負け組みは誰か。やっぱり、私のテーマです。笑

このレビューは参考になりましたか?

満ちたりぬ月

購入済み

深いです。

あい 2014年02月06日

職場の先輩が貸してくださいました。

作中の小道具が(今では流石に古いけども)、おしゃれ。
ファッションも料理もおしゃれなだけではなく、都会と家庭とで自ずと対称的になる描写が多く、読んでいて楽しかった。

作品のタイトルが……深い。
登場する二人の女性の価値観とか生き方とかに、読み進む程...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

満ちたりぬ月

Posted by ブクログ 2014年08月27日

再読。
30代、短大時代の同級生の二人。一方は独身でイラストレーター、一方は主婦で2児の母。
どちらが幸せなのか答えはないが、このタイプの話の例に漏れず、考えが甘いと思える主婦のほうに良いことが舞い込み、働く女のほうに風当たりが強いような気がする。
唯川恵の小説のようだった。

このレビューは参考になりましたか?

満ちたりぬ月

Posted by ブクログ 2012年09月10日

圭と絵美子の2人の対照的な女性の2つの視点から語られていく物語がとても印象的でよく覚えている。強くて、仕事もできて、身なりもきちんとしていて、清潔感があって、ショートヘアーの圭と、専業主婦で、適当な服を着ていて、ちょっとおばさんぽくって、ゆるふわウェーブなロングヘアの絵美子。わたしはどちらかといえば...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

満ちたりぬ月

Posted by ブクログ 2010年01月11日

主婦・絵美子の言い分、ひいては生き方があまりにも浅はかで、ある意味で可哀相だと思った。

なにも“専業主婦”を否定するつもりはない。
本文中の「家庭というのは一時期、欲も自分の存在もいっさい捨てる時があります。
子どもを育てる時がそうでした。姑のからだの具合が悪くなったこともあります(後略)」
とい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?