グスコーブドリの伝記
  • 完結

グスコーブドリの伝記

作者名 :
通常価格 471円 (429円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

宮沢賢治の作品世界をますむら・ひろしが完全ビジュアル化!!東北が生んだ国民的作家宮澤賢治は37年という短い人生の中で、三陸沖地震を含む大きな地震や大規模な冷害に何度も見舞われていた。それほど厳しい環境でも、賢治は故郷を愛し、作品中に登場する架空の理想郷に「岩手」をエスペランド語風にした<イーハトーヴ>と名付け、その美しいイーハトーヴの森を舞台に、困難に直面した故郷と大切な人たちを守る主人公の成長をますむら・ひろしがコミック化しました。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社コミックス
ページ数
229ページ
電子版発売日
2012年07月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
32MB

関連タグ:

グスコーブドリの伝記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年12月30日

    ますむらひろしの宮澤賢治シリーズの中で
    1番のおすすめです。

    「猫の事務所」「グスコーブドリの伝記」
    小学校時代読んだ物語が
    原作を尊重した上で漫画化されています。

    はじめて宮澤賢治に触れられる方でも
    抵抗なく読めると思います。

    教室に置いています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月07日

    新潮社から出ている朗読CD(朗読:熊倉一雄)を聴いた後に読んでみました(テグスとオリザがどんなものなのかよく分からなかったので)。
    とても良かったです。
    原作に忠実ですし、やはり登場人物が猫というのがいいですね。
    宮沢賢治の作品にはぴったりです。
    ブドリがひたむきに頑張る姿がとてもよく表現できていま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    同じく宮沢賢治原作ますむらひろしさん漫画化。どんぐりと山猫の「山ねこ拝」のお手紙が、かわいい。あんなのほしー!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月12日

    ブドリの両親が家を出て行く描写と
    ネリをさらっていく人攫いの描写がなにげに怖い。

    前半のシビアな環境下の描写があるからこそ、
    ブドリが火山局の人間になり、窒素肥料を空から
    降らす景色がより美しいものに見えるのだと思う。

    「猫の事務所」は猫がかわいい。
    獅子の登場が突然すぎるけど
    登場して欲しいと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月25日

    グスコーブドリの伝記がアニメ化すると聞いて、内容を知らなかったので、ますむらひろし版のを読んでみました。

    猫の事務所の話が素敵だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月30日

    「グスコーブドリの伝記」は、元を読んだことがないです。
    イーハトーブの姿をものすごく良く伝えてくれるお話です。

    イーハトーブは、理想郷とかいわれているけれど、けっして、苦楽から解脱したところにある楽園ではなくて、自然は厳しくて、いろんな人が、それこそ悪人も、善人も、いる世界みたいです。

    なにが理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ますむら賢治シリーズ。
    あたたかい…せつない…涙が止まらないから、
    決して人前で読んではいけません!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    宮沢賢治の作品のビジュアル化、というキャッチにつられて買ってしまった。面白かったというより懐かしかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月07日

    意外と淡々と描いているので、原作に近い印象。これが映画化されてしまうと、やたらと感傷的になってしまうのだろう… 「ぼのぼの」2作目でもそういう失敗がみられた。どうしても映画は過剰に感情が表現されるので、こういう作品は向かないと思う。
    というか、この時期に映画化なんて、原発事故のことに直結してしまうの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月13日

    今年の夏 映画が公開されますね。
    という訳で、本棚の奥で長らく積まれていた本を引っ張り出して
    読んでみました。
    絵に頼ってしまって想像が膨らまないから
    わたし漫画はやはり苦手だな。
    小説本で読み直したいと思いました。
    二酸化炭素の温室効果について記載は驚きました。

    かま猫には泣かされました。あの絵...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ