建設会社で働くエミリーは、大のパーティ好きで、ロンドン社交界の華としても知られている。人の恋を取り持つのが好きな半面、自分は恋と無縁だと思っている。経営者のジェイソンとは年が離れているものの、幼なじみで、彼の弟とエミリーの姉が結婚したため、義理の兄妹だ。だが7年前の姉の結婚披露宴で、彼女は屈辱と悲しみを体験した。酔いにまかせてジェイソンにキスをせがみ、冷たく拒絶されたのだ……。仕事で長く海外出張していた彼が久しぶりに帰国した日、話の流れで、二度とあなたにキスなど頼まない、とエミリーは言う。「だとしたら、僕は深く失望するだろうな」思いもかけない返事だった。■英国を代表する小説家、ジェーン・オースティンとブロンテ姉妹の傑作古典をもとに、4人の作家がその現代版を描く企画、第3弾!オースティンの『エマ』を題材に、K・ヒューイットが書きあげた、恋のキューピッド役のヒロインの新たな物語をお楽しみください。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ロマンス
ページ数
160ページ
電子版発売日
2012年04月13日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

愛なき結婚、結婚なき愛

Posted by ブクログ 2012年05月29日

ジェイソン・キングズリー経営者37歳と、幼馴染のエミリー・ウッド25歳。エミリー17歳から互いに意識しあってるが、”愛”に対する考えから二人とも自分の気持ちをごまかしてる。イライラしながら理屈っぽく展開していく話を待つ、辛抱なストーリー。★3.5

このレビューは参考になりましたか?

愛なき結婚、結婚なき愛

Posted by ブクログ 2012年05月28日

孤独な少年の心を抱えるちょっと堅苦しいヒーローはかなり萌えポイント
元ネタがエマだから仕方ないけど、ヒロインが25歳にしては子供っぽ過ぎるし
現代版エマってことだからか「とりあえず情事」みたいな展開もちょっと安っぽく…

このレビューは参考になりましたか?