カウンセラーへの長い旅
作者名 :

1巻配信中

価格 1,439円 (税込)

40歳で脱サラ後、いかにしてカウンセラーになったのか?技術屋として某石油会社に勤めていた著者は、学生時代から心理学に関心があり、いつか本格的に学びたいと思っていた。30代前半に、あるアメリカ人セラピストに出会ったことがきっかけで、四十歳の時にアメリカに留学することを決意した。そして苦手だった英語・英会話をある程度習得した後、著者は、意を決して長年馴れ親しんだ会社を去り、アメリカへと旅立った。めざすはCIIS(California Institute of Integral Studies)(カリフォルニア統合学研究所)。アメリカでの4年間の留学日記である本書を読むと、カウンセリング心理学を中心とした学習の実際が手にとるようにわかる。 【本書の内容】●「はじめの一歩」●「How you doing?」●「ボブ、ジュディー、マイケル」● 「スキンヘッド+耳ピアス5つに鼻ピアス3つ」●「アメリカ人は義理堅い」●「ミルドレッドとの一時間」●「芸は身を助ける」●「自分のことは自分で」●「先生の成績表」●「アダルトスクール」●「日本人は、ハウスボートに住んでいる」●「Arrogant(傲慢)? それとも Self-assertive(自己主張)?」●「私レスビアンよ」●「オーパ! ラティーノ!」●「本物の迫力」●「チベッタン・デイ」●「幼稚園でホーシー」●「錯覚いけない。良く見るよろし」●「怒る権利」●「この世の終わりじゃないのよ」●「プラクティカムサイト探し」●「Dramatically Improved」●「やっぱり日本」●「いきなり本番」●「知らないね。何もないよ」●「バクスター」●「代打屋セラピスト」●「晩酌は、アルコール依存??」●「Y2K」●「聖者の生活」●「暴走する正しさ」●「セラピストの陥る罠」●「たどりつけばアジア」●「Hエージェンシー最後の日」●「アメリカ人とつきあうコツ」●「やっぱりアジアだねぇ」●「ブタもおだてりゃ」●「ラスベガスの灰皿」● 「ジャパニーズメンタルヘルスネットワーク誕生秘話」●「パールハーバー」●「パールハーバーその後」●「アイムソーリー法」●「お前は最低のセラピストだ!」●「半分だけの鎧」

ジャンル
出版社
コスモスライブラリー
ページ数
230ページ
電子版発売日
2012年04月06日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

カウンセラーへの長い旅

Posted by ブクログ 2009年12月13日

完璧な人間じゃない。それって当たり前なのに・・・

カウンセラーとか、セラピストというと、迷った人を助けるような上の存在で、
完璧な人のイメージがありました。
この本を読むと、向後先生がアメリカで想像もしない出来事があった時に、
どういう気持ちで、どういう行動をして、それを今の自分がどう思って...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カウンセラーへの長い旅

Posted by ブクログ 2014年12月17日

医療/セラピスト系の遅まきながらの年からの留学ということで共通点を感じて読んでみたものの、文体が、なんと言うかベストセラーが書くような小説やビジネス書になれた私としては、丁寧なのかまどろっこしく感じる話し言葉がとても違和感があり、とりとめもない話を読むのが少々苦痛に。。ただサンフランシスコでの研修時...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カウンセラーへの長い旅

Posted by ブクログ 2012年05月04日

カウンセラーってどうだろう?と思って読み始めた。
大学院時代に精神病院で働いていたので、
自分でも今からでもやれるのでは?という軽い気持ちだった。
まあ、大変。
生半可な気持ちでは、やっぱり無理。
でも、リスクをしょって学ぶことは大変だけど楽しそう。

このレビューは参考になりましたか?