国民的アイドルグループのセンターボーカルが、ある日突然女子プロレスラーに転向!?

ジャンル
出版社
アース・スター エンターテイメント
掲載誌・レーベル
コミック アース・スター
ページ数
178ページ
電子版発売日
2012年06月15日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 世界でいちばん強くなりたい!(1)
    通常版 1巻 642円(税込)
    国民的アイドルグループのセンターボーカルが、ある日突然女子プロレスラーに転向!?
  • 世界でいちばん強くなりたい!(2)
    通常版 2巻 642円(税込)
    国民的アイドルグループのセンターボーカルが、ある日突然女子プロレスラーに転向!?女子プロレスに挑戦した国民的アイドルグループ『Sweet』のセンターボーカル・萩原さくら。師匠・豊田美咲との特...
  • 世界でいちばん強くなりたい! (3)
    通常版 3巻 642円(税込)
    国民的アイドルグループのセンターボーカルが、ある日突然女子プロレスラーに転向!? 来日した世界チャンピオン・ジャッカル東条の対戦相手に選ばれた萩原さくら。圧倒的な実力差を見せるジャッカルに、師...
  • 世界でいちばん強くなりたい! (4)
    通常版 4巻 642円(税込)
    国民的アイドルグループのセンターボーカルが、ある日突然女子プロレスラーに転向!? ベルセルクに劣らない人気を誇る女子プロレス団体「雅」からの刺客・ブルーパンサー。 先輩レスラー達を倒されたことに...
  • 世界でいちばん強くなりたい! (5)
    通常版 5巻 642円(税込)
    国民的アイドルグループのセンターボーカルが、ある日突然女子プロレスラーに転向!? 因縁の覆面レスラー・ブルーパンサーとの死闘を終えた萩原さくら。 その覆面の下の素顔はなんと、親友・宮澤エレナだっ...

世界でいちばん強くなりたい!(1)

Posted by ブクログ 2011年11月17日

アイドル×女子プロ。表紙の可愛さから、可愛い女の子がきゃっきゃうふふの内容だと思ったらいきなり髪切りデスマッチワロタ。「まつりスペシャル」が大好きだった人はぜひ。ちょっと股間のアングル多いけどw迫力あります。オススメ。

このレビューは参考になりましたか?

世界でいちばん強くなりたい! (5)

Posted by ブクログ 2014年05月02日

本編は2話収録で終了。残りは特別編として、エレナの視点でストーリー展開される。頑張る女の子のお話し。

このレビューは参考になりましたか?

世界でいちばん強くなりたい! (4)

Posted by ブクログ 2014年05月01日

第二部開始。
決着後のセリフはちょっと意外だった。確かにあり得そうな展開だけど、「えっ!」と思ってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

世界でいちばん強くなりたい! (3)

Posted by ブクログ 2014年05月01日

第一部終了&できる後輩登場。

実力差があっても、お客さんに魅せる試合は組み立てられるんだ、的な所はよい。

このレビューは参考になりましたか?

世界でいちばん強くなりたい!(2)

Posted by ブクログ 2014年04月30日

スターダムの世Ⅳ虎さん登場。

原作者の最後のコラムで、ヒロインの名前がミミ萩原からとったことが明かされて。1巻の好きなレスラーでもしやと思ったけど、原作者は女子プロレスというか、美人がやられるのが好きだなw
ドミネーションとか、リョナとか大好物に違いない。

このレビューは参考になりましたか?

世界でいちばん強くなりたい!(1)

Posted by ブクログ 2014年04月30日

女子プロレス…というか…出てくる女の子が、かわいい、綺麗、かっこいい、ばかり(そうでないのもいるけど)なんで、キャットファイトに見える。
裸もセックスもないけど、エロマンガ枠かな〜
マンガとしては、エル・パラの方が面白いと思う。

このレビューは参考になりましたか?

世界でいちばん強くなりたい! (4)

Posted by ブクログ 2013年09月27日

「悶絶」を作品の売りのひとつとしているようだが、
表現が「痛い」「あああ」と叫ぶしかパターンが無い。
原作、コンテ、作画、編集といるはずなのに、
これまでにどうにかしようという人はいなかったのだろうか。
10月から始まるアニメも同じようなら、視聴者にはすぐ飽きられてしまうだろう。

このレビューは参考になりましたか?

世界でいちばん強くなりたい!(2)

Posted by ブクログ 2013年06月02日

因縁の対決についに決というのが本巻のターニングポイント。

前巻触れなかった絵については、かなりの上手さ。バックの白さがやや気になるが、線の強弱を使った力点は素晴らしい。エロっぽい構図が目を引くが、その前に痛そうです。苦痛の表情マニアにはたまらん。

このレビューは参考になりましたか?