益川流「のりしろ」思考
作者名 :

1巻配信中

価格 925円 (税込)

「第三の考え」が生まれるとき、「仕事の価値」を予測する、「まねる」にも方法がある、検証することの効用、思考の「タイムスケール」……人生は益川流思考で乗り切れ!

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
199ページ
電子版発売日
2012年04月06日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

益川流「のりしろ」思考

Posted by ブクログ 2010年01月17日

ノーベル物理学賞を受賞された益川教授の著書。
会見などでも個性的なことを述べられたりして、大変面白い方だと思っていたが、この本も大変おもしろかった。
文字が大きいので、老若問わず読めると思うし、ためになることがいっぱい詰まっている本だと思った。

このレビューは参考になりましたか?

益川流「のりしろ」思考

Posted by ブクログ 2010年01月07日

面白かった一文は,
『大学一年では,学生の酸化被膜を削る』
確かに?

俺も『のりしろ』を持てるようになりたいと思った

このレビューは参考になりましたか?

益川流「のりしろ」思考

Posted by ブクログ 2009年10月10日

タイトルに惹かれて購入。
読んでみると、ご本人の執筆ではなく、どうも「聞き書き」のようだ。そのため、内容はかなり断片的である。最後の項は「え、これで終わっちゃうの?」という終わり方で、後書きくらい付けていただいた方が読み手には親切だと感じた。
評価は星3つだけれど、目次は非常に内容が濃く、ここだけ読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

益川流「のりしろ」思考

Posted by ブクログ 2009年10月04日

俺と時間の使い方がちょっと似ています、生活リズムが精密なところとか。10時に寝て4時に起きる(俺はもうちょっと遅い)。そして余裕を持って無駄を省かずに生きたいそうです。

もともとは教育者じゃないので好き勝手しゃべっても周りが理解してくれたからよかったのですが、教えるようになってからそうじゃいけない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?