※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

20世紀の日本を代表する写真家であり、
《植田調》と評された独自の作風で
世界中から愛された植田正治が
残した唯一の著作。
はじめに
私の写真遍歴
アマチュア諸君へ
ちょっとすてきなもの
オリジナルプリントと印画紙1
オリジナルプリントと印画紙2
カメラとレンズ
愛すべき「ライカ」
あとがき
初出一覧
目次より

本タイトルは、レイアウト固定型の商品です。
・フリースクロール(リフロー)型でないので、文字サイズの変更、フォントの変更ができません
・マーカーは付けられません
・テキスト検索はできません
・推奨端末はPCかタブレットです(スマートフォンは推奨いたしません)
以上ご確認のうえご購入ください。

ジャンル
出版社
CCCメディアハウス
ページ数
303ページ
電子版発売日
2012年03月30日
コンテンツ形式
.book
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

植田正治 私の写真作法

Posted by ブクログ 2010年06月09日

何度読んでも植田先生の言葉は気持ちいいものがあります。一番好きな写真家であり、いつまでたっても必要な目標です。

このレビューは参考になりましたか?

植田正治 私の写真作法

Posted by ブクログ 2006年03月22日

植田さんは,ハッキリパッキリとしていて,気持ちいい.男らしい.透き通った気持ちで写真を撮りたい気にさせてくれる.早く読み切ってしまいたい.

このレビューは参考になりましたか?

植田正治 私の写真作法

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月06日

大正~昭和の写真家植田正治のいろんなところに寄稿した文章を集めた一冊。生涯「アマチュア」として写真に接し、世の若いカメラマンに送る言葉が温かい。

作品はシュールレアリスムと言っていいような、ストレートフォトとは真逆の”演出”された写真が代表作に多い。今でいうCMフォトとでも呼べそうな作品を、昭和の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?