人や物の「記憶」を読み取れる不思議な力をもった姉・鈴音と、お転婆で姉想いの妹・ワッコ。固い絆で結ばれた2人の前に現れた謎の女は、鈴音と同じ力を悪用して他人の過去を暴き立てていた。女の名は御堂吹雪──その冷たい怒りと憎しみに満ちたまなざしが鈴音に向けられるとき、何かが起こる……。昭和30年代を舞台に、人の優しさと生きる哀しみをノスタルジックに描く“昭和事件簿”「わくらば」シリーズ第2弾!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

わくらば追慕抄

Posted by ブクログ 2018年05月11日

「わくらば日記」に続く、わくらばシリーズの続編。

人や物の記憶を「見る」ことができる姉と、活発な性格の妹。そんな姉妹が知り合った刑事や関係者たちと、難解な事件を解決していくストーリー。

短編のようにいくつかの物語が収録されているが、時系列で進んでいくので、ちょうど「日記」を読み返しながら回想して...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

わくらば追慕抄

Posted by ブクログ 2012年11月06日

この話は本当に心が温まるストーリーだなぁと思える作品です。今回は新たに鈴ちゃんと同じ力を持っているけどつかいかたが酷すぎる薔薇姫が登場します。この人は一体何者なのかが気になる。三巻ではどんな展開になるのかが楽しみだ

このレビューは参考になりましたか?

わくらば追慕抄

Posted by ブクログ 2012年03月16日

相変わらずすらすら読める。面白く心が暖まる本。悲しい結末も救いがある。好きなタイプの本だ。舞台となった昭和20~30年代というのもたまらんね。

このレビューは参考になりましたか?

わくらば追慕抄

Posted by ブクログ 2017年03月01日

短編集。
宗教というものが本当に人を救うのかどうかはわからない。
でも、きっと心の中の平安を求めて宗教と向き合っているのだろうと思う。
金に執着する宗教はまがいものだ。
昔そんなふうに言っていた人がいた。
もしかしたら、ナカツギさまにはわずかかもしれないけれど本当に不思議な力があったのかもしれない。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

わくらば追慕抄

Posted by ブクログ 2015年04月15日

同じ能力を持つ謎の女性が現れて、姉とは全く違う使い方をすることで人に不幸を与えていき、二人の過去も匂わせます。疑問は残されたままいつものように姉の力で問題を解決していきますが、最後もまたその女に邪魔をされ、あまりすっきりしない終わりで、次回もこのようにたびたび邪魔されていくのか、そして姉があまり長く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

わくらば追慕抄

Posted by ブクログ 2014年05月05日

不思議な能力を持つ病弱で美しい姉と、妹のワッコちゃんの
ノスタルジックな昭和事件簿第2弾。
どこか物悲しい雰囲気を含みながら、本作では
薔薇姫という敵が出てきます。
姉さまと同じ力を持っていて、それを悪用している。
しかも、薔薇姫は姉さまのことを知っている?
正体は明かされてはいないから、きっと続く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

わくらば追慕抄

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年03月01日

わくらばシリーズの2冊目。
光あるところ影があるように、白魔術と黒魔術があるように、ブラックジャックにドクターキリコがいるように、好敵手登場ってのは読者にとってワクワクするもんだ。また良き理解者の造反と復活、なんていう常套手段の展開もあり、結構盛り上がりのある巻となっている。

昭和30年代を語るの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

わくらば追慕抄

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年02月25日

短編なので、読みやすい。

さりげなく続ききになるような謎を置いてきます。
非日常の世界なのに、どこか懐かしい匂いを閉じ込めて。

戦後の日本。いろんな人がいた匂いがつまってる。

このレビューは参考になりましたか?

わくらば追慕抄

Posted by ブクログ 2014年01月28日

わくらばシリーズ第二段
・お姉さんの能力、もしかしたら姉妹の両親の秘密を知ってそうな悪役薔薇姫登場。怖い。

このレビューは参考になりましたか?

わくらば追慕抄

Posted by ブクログ 2013年03月16日

わくらば日記の続編。
前作を気に入っていたので続編を楽しみにしていました。
ハードカバーで出ている事は知っていたのですが、文庫で続む派なので心待ちにしていました。
前作は、かなり前に続んだので、ワッコちゃんや鈴音など、おなじみのキャラクターの登場で嬉しくなります。
又、今作では敵役として薔薇姫が登...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?