時代考証とは、テレビや映画、小説などに描かれる昔の生活や政治、歴史の描写が歴史事実として正しいかどうかを、いろんな資料から、チェックする仕事。テレビの時代劇を見ていると、クレジットに必ず時代考証の表記が表れるが、時代考証とは具体的にどのような仕事なのかは視聴者にはわかりにくい。本書では、NHK大河ドラマの『秀吉』(1996年)、『功名が辻』(2006年)『天地人』(2009年)の時代考証を担当した小和田先生に、時代考証とはどのような仕事なのかを解説してもらうとともに、大河ドラマの時代考証をされた中での興味深いエピソードが満載。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 中経出版
掲載誌・レーベル
中経の文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

歴史ドラマと時代考証

Posted by ブクログ 2014年09月03日

文章が簡易に書かれているので読みやすい。記録がないから想像力で補うか、記録があるから「?すべきだ」ということは正しいのか。時代考証と演出の折り合いをつけるプロセスから観るドラマ制作の裏側が面白い。

このレビューは参考になりましたか?

歴史ドラマと時代考証

Posted by ブクログ 2011年11月19日

「秀吉」「功名が辻」「天地人」三つの
大河ドラマの時代考証を担当した著者が
歴史ドラマ制作の舞台裏を大公開。

はじめてみた大河ドラマは、独眼竜政宗。
このドラマのおかげで歴史が好きになり
本を読むようになりました。
同じ頃、学研の歴史群像シリーズを知り
戦国時代にどハマりしました。 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

歴史ドラマと時代考証

Posted by ブクログ 2011年10月02日

大河ドラマを見ている方もフィクションなんだから事実と混同すんなよと言いたくもなるが小和田さんのように史実に忠実であろうと細部にまで拘る姿を見ると考え方も変わってきました。

このレビューは参考になりましたか?