大手都銀の帝都銀行・元常務の大宮紘平は、行内抗争に敗れ、系列の帝都クレジット社長の座も追われようとしていた。かつて頭取候補と目され、カード業界で大宮旋風と言われる拡大路線を展開したその経歴と手腕に目をつけたのは、消費者金融最大手・富福のオーナー社長、里村栄一だった。が、大宮を待ち受けていたのは、富福の驚くべき企業体質だった。消費者金融の絶頂期を克明に描き、その後の凋落を予言した傑作経済小説。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 欲望産業 上 小説・巨大消費者金融
    通常版 1巻 691円(税込)
    大手都銀の帝都銀行・元常務の大宮紘平は、行内抗争に敗れ、系列の帝都クレジット社長の座も追われようとしていた。かつて頭取候補と目され、カード業界で大宮旋風と言われる拡大路線を展開したその経歴と...
  • 欲望産業 下 小説・巨大消費者金融
    通常版 2巻 669円(税込)
    エリートバンカーから消費者金融最大手・富福に迎えられた大宮紘平は、資金調達の成功、銀行の系列化阻止に手腕を発揮し、社長に昇格する。が、会長におさまったオーナー、里村栄一が絶対君主として君臨し...

欲望産業 上 小説・巨大消費者金融

Posted by ブクログ 2011年07月11日

某消費者金融をモデルとした、ノンフィクションノベル?
こんなに無茶苦茶をやっていたのかと思うと、過払い利息に追われていた人が浮かばれない。著者の本を初めて読んだが面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

欲望産業 下 小説・巨大消費者金融

Posted by ブクログ 2011年07月04日

かつて法律事務所で働いていた私としては、とても興味深い内容だった。
消費者金融の実情。
この物語はフィクションではあるが、現に会社更生に至った企業があるところをみると、この内容はあながち嘘ではないのではと感じた。
大宮さんの熱さ、石野さんの颯爽さ、男の駆け引きとロマンを感じました。

このレビューは参考になりましたか?