時は江戸。下町神田では、腹を空かせた美貌の剣士と、可愛らしい町娘姿の狸の妖かしが、口入れ屋を訪ねていた。2人の名は小次郎とぽんぽこ。生活の糧を得るため、妙な仕事を請け負うはめになるが……。一方巷は、大太刀で侍どもの髷を斬り落とす謎の辻斬り“ちょんまげ、ちょうだい”の噂でもちきりに。小次郎も騒動に巻き込まれ……美貌の剣士と天然妖かし娘のコンビが大活躍の、お江戸もののけ大活劇。シリーズスタート!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

Posted by ブクログ 2011年12月08日

 秘伝の剣術を受け継ぐ美貌の貧乏剣士相馬小次郎と呑気な半妖狸のぽんぽこ、美少女剣士にお調子者の忍びなどライトノベル的なキャラクターが登場するがしっかりとした剣客物だった。これらのわかりやすいキャラクターがテンポよく動いていたので楽しく読めた。また、意外なところに伏線が隠れていてよく練られた作品だと思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

Posted by ブクログ 2017年04月17日

時代小説初心者の私でも、言葉にそこまで詰まることなく、さらっと読めた。
登場人物それぞれ個性が出ていて、面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

Posted by ブクログ 2014年03月07日

立派に家康の影武者を勤め上げた祖父を持つ孫の話。ぽんぽこが結構な年齢のはずですが、愛らしいです、あざといです。お腹がすいて日雇いのアルバイトを紹介してもらって事件に巻き込まれます。自分とまったく関係ない話ではなく、自分を騙る偽者が誰なのか、何の得があるのかと疑問を募らせていきます。出てくる人出てくる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

Posted by ブクログ 2013年11月12日

コミカルだけどシリアスな部分もあります。
読みやすいです。
多分最初のお話なのでそれほど掘り下げていません。
続きはここまでで出てきた登場人物たちがどう活躍するのか楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

Posted by ブクログ 2012年11月13日

つい手に取った一冊。あまり時代物は読まないんですが、とぼけたようなぽんぽことつっこみ役の様で誘惑に負ける小次郎の人間らしさ等、面白い部分は多いです。舞台が江戸なので、歴史の知識があったほうが楽しめますが、普段ライトノベルを読んでいる人でも読みやすいかと思います。

このレビューは参考になりましたか?

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

Posted by ブクログ 2012年07月11日

久しぶりに歴史ものじゃなく時代小説を読んだ。
極貧浪人と半妖狸、設定はキャッチーだなと思ったけれど中身は予想以上に良かった。
ほんのすこし史実と絡むことで
「もしかしたらホントにこういう人もいたのかな」
とアタマを過る、ほどよいトトロ感というか。

勧善懲悪らしい雰囲気はあるものの、どの人物にも善も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月24日

ほのぼのしてて、可愛いお話。
個人的な好みとしては、ポンポコはまんまるいタヌキだったらよかったのに・・・。ぽんぽことの、お腹がすいた・・的なそのやり取りは面白いのだけど・・・。どことなく違和感。好みの問題、かなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

Posted by ブクログ 2012年02月14日

江戸時代。
美貌の貧乏剣士とたぬきが化けた美少女が主人公。

侍のちょんまげを切り落とす謎の辻切りの正体をめぐるお話。

軽妙で可愛い。
続刊にも期待です。

このレビューは参考になりましたか?

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

Posted by ブクログ 2012年01月10日

話はシンプルで、キャラも分かりやすく、かなり読みやすい。それ故のオリジナリティの無さが欠点。
でもぽんぽこが可愛いのでどうでも良くなってくる不思議(笑)

このレビューは参考になりましたか?

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年12月18日

戦乱の時代に徳川家康の影武者を務め、その剣術の強さから"ちょんまげ、ちょうだい"という異名で呼ばれた相馬二郎三朗、彼は大阪夏の陣を最後に姿をくらます。本作の舞台はそれから数十年後の平穏が訪れた江戸、その一角にある長屋の貧乏浪人が孫で、もはや平穏な時代には何の意味もなさない相馬蜉蝣...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?