初詣の夜に妻を見失った男。帰ってきた妻は、以前とはなにかがちがっていた。老人の語りが戦慄を呼ぶ「鬼がくる家」。女子大生の〈あたし〉は真夏の山中で、われにかえった。見知らぬ車に見おぼえのない服。失われた記憶を求めて恐るべき真相にたどり着く「迷える羊」。平凡なOLが引っ越したマンションには、得体のしれない誰かが住んでいた。女の情念と狂気を描く「九月の視線」。四季を舞台に織りなす12篇の恐怖。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

怪談歳時記 12か月の悪夢

Posted by ブクログ 2013年05月25日

1月~12月まで、それぞれ異なる小噺12本。
短編、日常系はどうしても怪異が出るホラーより
人間によるサイコホラーになりがちなのか
「怪談歳時記」もそうしたものが多め。
ホラーとしては可もなく不可もない印象の本でした。

このレビューは参考になりましたか?