真珠湾で討ち漏らした米機動部隊の殲滅を目論見、太平洋の要衝ミッドウェー基地への攻撃を敢行する日本軍。主力空母を擁し、無敵皇軍の進撃を阻むものなしと思われたが……。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
C★NOVELS
ページ数
230ページ
電子版発売日
2012年03月30日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 烈日 上 ミッドウェー1942
    通常版 1巻 972円(税込)
    真珠湾で討ち漏らした米機動部隊の殲滅を目論見、太平洋の要衝ミッドウェー基地への攻撃を敢行する日本軍。主力空母を擁し、無敵皇軍の進撃を阻むものなしと思われたが……。
  • 烈日 下 ミッドウェー1942
    通常版 2巻 972円(税込)
    米機動部隊の航空攻撃により主力空母が被弾し、たちまち劣勢に陥る日本軍。が、空母「飛龍」の獅子奮迅の活躍で米空母を撃沈、戦いは艦隊決戦へともつれこむ。――壮絶な戦いの行方は!?

烈日 上 ミッドウェー1942

Posted by ブクログ 2005年12月18日

ミッドウェー海戦を扱った架空戦記小説で、上下構成です。
内容はとても良く、傑作といっても過言ではありません。
作者のミッドウェー海戦の思い入れが良く現れています。
この本もオススメです。

このレビューは参考になりましたか?

烈日 下 ミッドウェー1942

Posted by ブクログ 2005年12月18日

上の続きです。
戦況一変、劣勢下の日本海軍が奮戦し、戦況を打開しようとする姿がリアルに映し出されています。上下あわせて読むととても面白いです。

このレビューは参考になりましたか?