つぶせ! 裁判員制度
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

結論。裁判員制度は違憲である。裁判員制度は人権を蹂躙する。裁判員制度は冤罪を作る。――ある日、突然、我々にやってくる「裁判員を命ず」という恐怖の召集令状。嫌々参加させられたら最後、一般市民が凄惨な現場写真を見せられ、被告人に睨まれ、死刑判決にまで関与しなくてはならない。国が進める世紀の愚行を、元判事が完膚なきまでに批判。いますぐこの制度を潰さないと、日本は滅びてしまうのだ!

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
204ページ
電子版発売日
2012年03月30日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

つぶせ! 裁判員制度

Posted by ブクログ 2012年11月05日

ところどころに筆者の妙に感情的な文章が見られて、読んでいて違和感があった。
とは言え、国民の声を無視した制度の導入、裁判官が(暗黙の了解とは言え)守秘義務を果たせなかった例もあるくらいなのに裁判員にも課している、最高裁のマスコミ(記者クラブ)との癒着、サクラが混じったタウンミーティング、税金を投入し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

つぶせ! 裁判員制度

Posted by ブクログ 2011年05月21日

[ 内容 ]
結論。
裁判員制度は違憲である。
裁判員制度は人権を蹂躙する。
裁判員制度は冤罪を作る。
―ある日、突然、我々にやってくる「裁判員を命ず」という恐怖の召集令状。
嫌々参加させられたら最後、一般市民が凄惨な現場写真を見せられ、被告人に睨まれ、死刑判決にまで関与しなくてはならない。
国が進...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

つぶせ! 裁判員制度

Posted by ブクログ 2010年06月21日

代理人としてのプロがいかにも書きそうな
匂いのする力技的な文章と展開。

でも、現場にいるプロから見れば
そういう考えかたもあるのですという見解が解って
読み物として単純におもしろかった。

タイトル通りの言い分がほんとうに正しいかどうかは
本を読んでもよく解らない。

このレビューは参考になりましたか?

つぶせ! 裁判員制度

Posted by ブクログ 2009年05月29日

裁判員制度が開始する前に書かれた本です。著者は元裁判官の方で、本著は裁判員制度を元裁判官の立場から考えた本だと言えます。

刑法・憲法・刑事訴訟法の概念も分かりやすく書いてあるので、法律を勉強していない方でもスッキリ読み進めることができると思います。

(著者はタイトルから見て分かるように反対派です...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

つぶせ! 裁判員制度

Posted by ブクログ 2011年10月02日

司法は国会や政府から独立し、ただ法のみに縛られるという考え方らしい。三権分立で三権が相互にチェックし合うことが民主主義の基本だと思っていたが、ちょっと異なる。
三権の中で立法行政が目立ち、重要だと感じてしまいがち。立法行政と比して司法の重要性を普段感じないのは生命身体思想信条の危機を実感する必要もな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

つぶせ! 裁判員制度

Posted by ブクログ 2011年07月28日

裁判員制度導入前に書かれた反対意見本。

判事経験のある著者によってかかれているため、法的な指摘、実際上の運営における指摘等、比較的詳しい記述が見られる。

しかし、ところどころに著者の私見が、公的な意見であるかのように提示されていて、多少なりとも内容に偏りを感じた。

このレビューは参考になりましたか?

つぶせ! 裁判員制度

Posted by ブクログ 2009年02月21日

「ゲーム脳の恐怖」とか「水からの伝言」とか「新興宗教」とか信じこんでいる人って意外といるんですよね。ああいう信じたいものしか信じない、嫌いなものは一切耳に入れない、しかも自分でその自覚がない人たちが裁判員になったら裁判なんかメチャクチャだよなぁ。

このレビューは参考になりましたか?