若さま同心 徳川竜之助 1 消えた十手

若さま同心 徳川竜之助 1 消えた十手

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

南町奉行・小栗忠順の計らいで通常考えられないことが……。市井の人々に接し、磨いた剣の腕で悪を懲らしめたい一心で、御三卿・田安徳川家の十一男、徳川竜之助が定町回り同心見習いへ。小銀杏髷、着流しに羽織の颯爽とした竜之助だが、若さま育ちのせいか、やることはどこかトンチンカン。先輩同心に邪魔者扱いされながらも事件を解決していく。書き下ろし長編時代小説シリーズ第一弾。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
ページ数
275ページ
電子版発売日
2012年03月16日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

若さま同心 徳川竜之助 1 消えた十手 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年02月17日

    徳川の御三卿のうちの、田安徳川家の十一男、竜之介が何を思ったか、「同心になりたい」といって、周りの者が止めるのも聞かずに同心になってしまう。

    まぁ、普通に考えたら十一番目の男子であれば、よほどのことがなければ「将軍職」が回ってくることなど考えられないし、ましてや家督を継ぐこともないだろう。

    息苦...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月12日

    徳川一門では次期将軍と期待される若様、竜之介の物語。
    しかし彼は将軍として人々を守るより、町奉行所の一同心として人々の役に立ちたいと願い、身分を隠して同心となる。
    んなアホな!、な設定で、暴れん坊将軍モノなのだが(笑)、純粋な彼を含め、魅力的な登場人物がたくさんで面白い。
    シリーズ最初は捕物だけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月05日

    若様同心の始まりです!
    結構面白かった若様同心ですが・・・後半だけしか読んでないので、今から1~6くらいまでを探して読みます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月21日

    ISBN 978-4-575-66300-6
    入手条件・定価 571円
    全国書誌番号 21291257
    個人著者標目 風野, 真知雄 (1951-)∥カゼノ,マチオ
    →: 朝倉, 秀雄 (1951-)∥アサクラ,ヒデオ
    NDLC K...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月03日

    職場のお姉さんにすすめられて購入した一冊。
    徳川一族の一人が同心となって下町で大活躍するというお話。

    個人的に「暴れん坊将軍」が大好きなので、似たような状況で読んでいて楽しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月22日

    御三家・田安徳川家の十一男、徳川竜之介がその身分を隠し定町回り同心として活躍するシリーズ第一弾。
    憧れだった同心のお役目につくも、知らない市井の暮らしにとんちんかんな受け答えをしてしまう竜之介。しかし難事件を持ち前の頭脳と磨いた剣の腕前で解決していく。

    * * *

    若さまが姿を忍び、同心として活...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月17日

    田安徳川家の若さま育ちで、どこかトンチンカンな同心徳川竜之助が、邪魔者扱いされながら事件を解決するシリーズ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年09月11日

    徳川幕府も終末を迎えようとする時期、徳川家田安家の十一男に生まれ、一万三千坪という広大な敷地にありながらも、嫡男ではなく部屋住みの身分である竜之助は、早くこの家を出たかった、何のしがらみもない自由な世界に身を置きたかった。

    素直に育ち性格はよく、剣の道にも邁進し、そんな竜之助を用人支倉辰右衛門は暖...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年08月21日

    暴れん坊将軍に似たライトタッチの幕末ものだよ。
    御三卿:田安家の11男坊が同心にあこがれて、身分を隠して下級公務員してまっす…っていうお話。
    ちょっとした謎もあって、けっこう面白かったよ。
    最後まで謎がそのままなので「シリーズか?」
    …と思ったら、案の定けっこう長いシリーズものみたい(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

若さま同心 徳川竜之助 のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 若さま同心 徳川竜之助 1 消えた十手
    南町奉行・小栗忠順の計らいで通常考えられないことが……。市井の人々に接し、磨いた剣の腕で悪を懲らしめたい一心で、御三卿・田安徳川家の十一男、徳川竜之助が定町回り同心見習いへ。小銀杏髷、着流しに羽織の颯爽とした竜之助だが、若さま育ちのせいか、やることはどこかトンチンカン。先輩同心に邪魔者扱いされながらも事件を解決していく。書き下ろし長編時代小説シリーズ第一弾。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 2 風鳴の剣
    見習い同心の暮らしにもようやく慣れた御三卿・田安徳川家の十一男の徳川竜之助。自由な市井の生活を満喫していたが、八丁堀近くにある湯屋で老人が刺し殺されるという事件が起きた。下手人の探索をまかされた竜之助は、難事件の謎に迫る。丁度その頃、新陰流の正統は吾にありと、葵新陰流の真髄を受け継ぐ竜之助を斬れとの藩命を受けた肥後細川藩の刺客三人が、江戸に来ていた。好評シリーズ第二弾。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 3 空飛ぶ岩
    次々と起きる江戸の怪事件。玩具のような弓矢で娘が殺され、大きな岩が空を飛んできた!?日々、奔走する徳川竜之助だが、偶然、やさしげな中年の女性と知り合った。その人は、ときおりお濠端に立ち、田安の屋敷のほうを見つめていたという。母なのではないか……。一方、新陰流の正統をめぐって、ついに柳生の里の刺客が竜之助に襲いかかった! 大好評シリーズ第三弾。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 4 陽炎の刃
    次から次へと事件が起こる江戸の町。見習い同心の徳川竜之助は、大店の娘が飼っていた犬の辻斬り事件を担当せよと命じられる。珍事件解決に奔走する竜之助を凄まじい殺気が襲う。肥前新陰流の刺客が動き出したのか!? 大好評シリーズ第四弾。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 5 秘剣封印
    見習い同心の徳川竜之助は、スリの大親分のさびぬきのお寅から、知り合いの大店の主人の死に不審な点があるから調べて欲しいと頼まれるが、なかなか解決の糸口が見つからない。一方、かつて対決した柳生全九郎が、竜之助の身辺を密かに調べつくし、再度の挑戦をたくらんでいた。シリーズ第五弾。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 6 飛燕十手
    江戸の一石橋で雪駄強盗事件が連続しておきた。金品を奪うわけでもなく、辻斬りをするわけでもなく、履き古された雪駄を奪っていくのだ。この奇妙な事件を担当することになった竜之助だが、事件の謎は深まるばかりだった。一方、新当流の遣い手が、葵新陰流に戦いを挑もうとしていた。大好評シリーズ第六弾!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 7 卑怯三刀流
    すっかり江戸の町に馴染んだ見習い同心の徳川竜之助。いまをときめく若手二枚目歌舞伎役者の市村宙之助とお洒落談義に花を咲かせていると、品川で殺人事件が起きたとの知らせ。簡単に見えた事件だが、謎は深まるばかり。大好評シリーズ第七弾!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 8 幽霊剣士
    将軍家に連なる身分を隠し、同心として多忙を極める竜之助。幕末の不穏な空気を感じつつも、平穏な日々を送っていた。だが、そんな彼の前に、葵新陰流の殲滅を目論む新たな刺客が出現。今度の敵は、刀も持たずに相手を斬り捨てる“幽霊剣士”だった!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 9 弥勒の手
    江戸市中を騒がす難事件解決のために奔走する徳川竜之助。一方、スリのお寅の長屋で四ヶ月ぶりに出会った竜之助と柳生全九郎。宿命の相手を前に、竜之助はついに風鳴の剣の封印を解くのか……。大好評シリーズ第九弾!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 10 風神雷神
    全九郎に左手を斬り落とされた竜之助は、お寅の家で看病され治療に専念していた。そんな時、日本橋の老舗の飴屋・小田原屋の隠居が殺されるという事件が起きた。下手人は妾のおきたと思われたが、竜之助は話を聞くだけで真犯人に迫っていく。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 11 片手斬り
    手の怪我から四カ月ほどして、徳川竜之助は柳生全九郎の死を知った。「全九郎はわたしだ」との思いを持つ竜之助は、彼が探ろうとした謎の追及を開始する。一方、風鳴の剣を封印するという決意も固い竜之助は、その伝授を禁じるため、自ら師・柳生清四郎に戦いを挑むのだった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 12 双竜伝説
    柳生全九郎から受けた左手の傷もようやく癒え、江戸の町を騒がす難事件を解決する徳川竜之助の前に、北辰一刀流の遣い手・坂本竜馬が現れる。ひょんなことから戦うはめになった二人だが、竜馬のおおらかさに心打たれた竜之助は、正義の為に風鳴の剣の封印を解くことになる。大好評シリーズ第十二弾!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 若さま同心 徳川竜之助 13 最後の剣
    徳川竜之助が封印を解いた風鳴の剣は、弱き者のために遣う剣である。だが、もう一つの秘剣の遣い手である徳川宗秋は、雷鳴の剣と雌雄を決するため、戦いを迷う竜之助に罠を仕掛けてきた。田安家の御曹司という身分も知られ、戦わざるを得なくなった竜之助。ついに、将軍家の秘剣にまつわる謎が明らかになる。第一シリーズ最終巻
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

若さま同心 徳川竜之助 に関連する特集・キャンペーン