嫁洗い池

嫁洗い池

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東京郊外に妻と二人で住む作家のぼくの許に、同郷の悪友、河田警部が美味そうな食材を手にやってくる。すると、妻は料理の腕に勝るとも劣らない推理の冴えを見せ、捜査のヒントを示唆する。それに従って、ぼくたちがちょっとした再調査に着手する、とあら不思議!どんな難事件も見事な解決を見るのだ。『ミミズクとオリーブ』でお馴染みになった台所探偵の事件簿第二弾は、さらにパワーアップし、密室内での吹き矢による毒殺事件をはじめ、目撃者もおり、本人も罪を認めているという、どう考えてもこれ以外に真相はないと思われる事件に新たな道筋を示すといった、安楽椅子探偵ものの極致ともいうべき作品六編を収める、シリーズ第二弾。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
299ページ
電子版発売日
2012年03月16日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2009年12月07日

    シリーズ第2弾。
    相変わらず美味しそうな食卓…。
    関東煮と黄粉おにぎりが特に美味そうでした!
    あと「仁義なき戦い」ごっこがおもろかった。
    是非マスターしてやってみたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月25日

    「ミミズクとオリーブ」の続編です。
    八王子郊外の一軒家に住む仲良し夫婦。
    語り手は作家であるカマッテちゃんの「ぼく」
    料理上手な奥様と、奥様の知恵を頼って来る友人の河田警部。
    本作のホームズ役は安楽椅子探偵となって事件を推理する奥様なんです。
    そして使いっパシリで現場検証に行くうっかりワトソンの「ぼ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月19日

    「ミミズクとオリーブ」シリーズの第二弾。主人公の奥さんが謎解きする、安楽椅子探偵風ミステリー。ゆったりした夫婦の暮らしぶりや郷土料理の数々が暖かい雰囲気を出してます。主人公と謎を持ち込んでくる親友の警部のやりとりもとっても楽しい。ただすご~くレトロな感覚で読んでいると、パラボラアンテナやプリクラなど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月03日

    いつもほっこりにっこりな読後感。
    寝る前にちょっと読むのに向いてる短編集です。
    もっとも面白くて次から次へとつい読み進めてしまうのですが。

    河田さんはあっちこっち行くなぁと思っていたら、最終的にはアメリカ行き!FBI!?
    意外と優秀…なのか、奥様の賜物か。悩ましいところ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月16日

    「嫁洗い池」芦原すなお
    ほのぼのミステリ。藍色。

    『オリーブとミミズク』の続編で、作家の「僕」と安楽椅子探偵奥さんの物語短編集。
    前作に続いてやはり行間から漂うほんわか感と美味しそうな料理が読みどころです。
    続編とは言っても収録されている短編はそれぞれ独立しているので、あまり構えて読むよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    平成20年11月1日購入

    私はおいしいものが大好きだ。
    安定感のある物語も大好きだ。

    ゆえにこのシリーズは結構気に入っている。

    何一つ冒険はないかに思えるが
    料理が上手で
    頭がよくて
    きれいで
    自分を好いてくれる奥さんという
    超能力よりもあり得なさそうな話を書いているのだから
    ある意味、大冒険...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月07日

    主人公“ぼく”と悪友・河田刑事との会話がやっぱり面白くて、何とも絶妙。そして奥さんの名探偵ぶりも、もちろん健在です。第一弾と比べると、こちらの方が若干、ミステリ色が強いかな、と思いました。でも奥さんの手料理は相変わらず美味しそうです。詳しいレシピなどがあれば是非、チャレンジしてみたい料理ばかり。レシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「ミミズクとオリーブ」に続く、安楽椅子探偵、第2段。

    料理のさえも推理のさえも、ますます好調で。

    直木賞作家が贈る美食と推理の華麗なる競演、どうかお試しあれ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    シリーズ第2作目!相変らずのテンポの良い会話に引き込まれますwなんか全体のほのぼのとした雰囲気がいいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「ミミズクとオリーブ」の続編。とりあえず相変わらず奥さんの作る料理が本当においしそう。主人公の浮き世離れした感じと奥さんのしっかりものの性格、そして友人の河田のキャラが絶妙にマッチして、さらに文章に溢れるユーモアが読んでて飽きさせない。推理の面では、ガチガチの本格を期待するとちょっと肩透かしかもしれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています