小学校教師のリジーは心はずませスコットランドに帰郷した。姉に好きな人ができ、ぜひ会ってほしいというのだ。途中、車が故障して立ち往生していたルイスという男性に出会う。困り果てているようすを見て、目的地まで送ると申し出ると、彼はいかにも“気取り屋”といった高慢な態度で応じてきた。リジーは憎らしく思う一方、彼の完璧なまでの美しさに惹かれてしまう。だが、道すがら言葉を交わすうちに、ルイスの正体を知って驚いた。彼は姉の恋人の親友で、どうやらふたりの仲を壊しにきたらしい。「僕の親友は資産家でお人好しだから金目当ての一家にだまされている」その“一家”の次女が相手とも知らず、ルイスは中傷をくりひろげた。彼の偏見に満ちた発言を聞いて、リジーは怒りのあまり……。■英国を代表する小説家、オースティンとブロンテ姉妹の傑作を題材に、4人のハーレクイン作家が現代ロマンスを描く“古典モチーフ”企画第2弾! オースティンの『高慢と偏見』を下敷きに、人気急上昇中のC・ウィリアムズが描く男女の心の力学をご堪能ください。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ロマンス
ページ数
160ページ
電子版発売日
2012年03月16日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

かなわぬ恋に揺れ

Posted by ブクログ 2017年06月24日

小学校教師のヒロインとお金目当てや罠にかけようとする女性を嫌悪している実業家のヒーロー。

高慢で気取り屋と思われていたヒーローが段々違う面を見せていく姿が良かった。
ヒロインの影響で変わったのかもしれないが、思いやりもあり優しいヒーローだった。
ヒロインも嫌味がなく好感が持てる。

2011年。

このレビューは参考になりましたか?

かなわぬ恋に揺れ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月11日

リジーのような主人公は、HQでもよく登場するけれど彼女ほど自分のプライドと主張にこだわりながらも可愛いさのある女性はなかなか見当たらないように思いました彼女の心の動きが手に取るようにわかり共感しながら読み終えました。もちろん、ルイスも素敵でした。もっと、強引なタイプなのかと思っていたんですが違ったん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

かなわぬ恋に揺れ

Posted by ブクログ 2012年05月06日

バイクで帰郷した小学校教師エリザベス・シャープと、姉の交際相手親友のルイス・クリストフ・ジャミュ。「高慢と偏見」を題材にしてるわりには、いつものキャシ-・ウィリアムズで強気で自立したヒロインが良かった。

このレビューは参考になりましたか?

かなわぬ恋に揺れ

Posted by ブクログ 2012年04月18日

普通のR
傲慢だったのに最後には鼻歌でも歌いながらキッチンに立っちゃいそうなヒーローの変貌ぶりが憎めないので☆おまけ
「高慢と偏見」オマージュものらしいけど、気になる子についちょっかい出してしまうヒーローとか単にいつものキャシー・ウィリアムズなんだけど好き。

このレビューは参考になりましたか?

かなわぬ恋に揺れ

Posted by ブクログ 2014年12月05日

負けん気の強いヒロイン。一歩間違えると嫌味な感じになりそうだけど、ぎりセーフ。
ヒーローはHQにありがちな思い込みヤロー。

このレビューは参考になりましたか?