忌品
作者名 :

1巻配信中

価格 702円 (税込)
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

医者から老眼適齢期だと言われた。治療法はただひとつ、眼鏡をつくることだという。そんな折り、訪れた両親の家で、亡父が使っていた眼鏡を見つけた。幼い頃は入室厳禁だった書斎の机に置かれていたのだ。掛けてみると、書棚にぎっしり埋め尽くされた本の背表紙がくっきりと読みとれる。その中に異彩を放つ一冊の黒革表紙の本があった。ある予感に駆られ、それを開いた。どのページも白紙だ。しかし、三分の一ほどめくったとき、それは現れた…(「眼鏡」より)。※巻末ページのリンク先にはジャンプ出来ませんのでご了承下さい。

ジャンル
出版社
徳間書店
電子版発売日
2012年03月23日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

忌品

Posted by ブクログ 2010年01月01日

遺品、あるいは忌品
故人の残した物品に関わった人間が巻き込まれていく恐怖

延々とある家系に受け継がれていくメガネや、現代ネット上に無数にあるホームページにまつわる話、その他にもモノが織成すホラー

このレビューは参考になりましたか?

忌品

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年11月02日

「スケッチブック」みたいなことは本当にあるんじゃないかと思ってしまう。
「携帯電話」みたいな話も好き。

このレビューは参考になりましたか?

忌品

Posted by ブクログ 2010年02月08日

現実には有り得ないと思うような話も読んでいるうちに、いつの間にかこの世界に引き込まれ、もしかして、もしかするかも…?と思わさせられました。登場する遺品が、どれも身近に存在するものばかりなので、余計にそう感じられたのかも知れません。まぁ、遺品と言うものは大抵、身近にあるものですけれど…。ただ、「遺品」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

忌品

Posted by ブクログ 2007年12月23日

角川じゃないけどホラ−


こういうホラーはなかなかめぐり合えないね・・・

遺品に宿るホラー

このレビューは参考になりましたか?

忌品

Posted by ブクログ 2007年07月17日

「眼鏡」・・・訪れた実家で、亡き父の眼鏡を見つけ、
かけてみると、書棚の中に異彩を放つ
1冊の黒革表紙の本が目に付いた。
そして、その本を開いた時、それは現れた・・・。

「口紅」・・・自分の人生に不満だらけの看護師・峰子は、
入院中の仲のいい夫婦を嫉み、自分がその幸せを奪おうと、
夫をたぶらかそう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

忌品

Posted by ブクログ 2007年04月09日

ホラーというより、なんとなく不愉快になる短編集。
悪意の塊のような物語は嫌いではないけど、これはそこまで至らない。
つまりは中途半端な不愉快話。

まぁ、
悪くはなかったけど。

このレビューは参考になりましたか?

忌品

Posted by ブクログ 2007年01月23日

ケイタイが出てくる作品。
妻となる子との会話、あれ、ケータイでやってるんじゃないの?なんかおかしい。

このレビューは参考になりましたか?