大正野球娘。

大正野球娘。

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

時は大正十四年、七月――洋食屋〈すず川〉の一人娘、小梅は東邦星華高等女学院に通う十四歳。良家の子女が通う学院で、仲良しの"お嬢"こと晶子が突然、「一緒に野球をしていただきたいの!」と。なんとなく頷いてしまった小梅だが、九人集まるのか、道具は何をどう使うのか、ルールはどんなものなのか、分からないことだらけで……。野球で女子は男子に勝てるのか? 男尊女卑の世間に一泡吹かせたい、大正時代の乙女たちの奮闘物語!※巻末ページのリンク先にはジャンプ出来ませんのでご了承下さい。

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
トクマ・ノベルズEdge
電子版発売日
2012年03月16日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2011年01月24日

    スポ根の王道のようで、
    でもほんわかと温かみある読後感でした。
    キャラクターがみんな魅力的。
    アニメも見てますが、
    ノベルは少し違うストーリーでオススメです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年02月29日

    箱入り娘なお嬢様達が、野球をするお話。大正時代が舞台なのでレトロな雰囲気も楽しめます。そこいらの男の子達よりもオトコマエな女の子達ばっかりで、凄くワクワクします。若干百合的な描写もチラホラ(笑)?面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月02日

    クラスメイトが突然、野球メンバーの募集を始めた。
    理由は、見合い相手に馬鹿にされたから。

    9人集めて、どうするか、勝つためにはどうするか。
    その間に、見合い相手は主人公の店に来て
    何がいけなかったのだろう? と相談してくるわ
    厄介な相手も連れてくるわ…。

    見てる分には面白いですけど、当事者になっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月13日

    大正時代の雰囲気を掴みたくて購入。
    この時代の女学生たちはあんな感じの子が多かったのかねー。
    ああ、可愛い。可愛いよ、乙女たち。

    意に沿わぬ見合い相手に一矢報いるために野球の試合を申し込むなんて粋でねえの。
    野球とはいってもあくまで乙女らしくやろうとする姿勢が可愛いじゃないの。

    とはいえルールも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月08日

    時代考証がけっこうしっかりしてて勉強にもなる。
    ただ、若干文章が読みづらい気がする。

    巴が小梅を形容した「わっしょいわっしょい生きている」という文章が小梅の魅力を端的に表していて好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月17日

    読まなくても良かった。アニメとは多少変わった趣があった。ように思う。
    少し読みにくい文章だ、という印象を持つ。頭上の上はおかしいし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年07月04日

    1巻ということでキャラ紹介がメイン?
    思った以上に軽いノリで若干ビックリした気配が・・・。
    まぁこれから実戦を通じて盛り上がっていくのかな、といった感じ。

    先日放送開始したアニメ版とは結構違います、はい。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 大正野球娘。
    715円(税込)
    時は大正十四年、七月――洋食屋〈すず川〉の一人娘、小梅は東邦星華高等女学院に通う十四歳。良家の子女が通う学院で、仲良しの"お嬢"こと晶子が突然、「一緒に野球をしていただきたいの!」と。なんとなく頷いてしまった小梅だが、九人集まるのか、道具は何をどう使うのか、ルールはどんなものなのか、分からないことだらけで……。野球で女子は男子に勝てるのか? 男尊女卑の世間に一泡吹かせたい、大正時代...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 大正野球娘。~土と埃にまみれます~
    時は大正十四年、東邦星華学園高等女学院に通う十四歳の小梅は、仲良しの晶子に誘われ野球をすることに。なんとか九人集めるが、みんな野球というものを知らない。博識な乃枝が独創的な野球の練習方法をみんなに伝え、人力車を引いたり、強化器具を付けたりと、がむしゃらに頑張る野球娘たち。男子と三回までの練習試合をして勝利への手応えを感じる。そして、男子との試合に臨む!※巻末ページのリンク先に...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 帝都たこ焼き娘。 大正野球娘。3
    大正十四年、秋。東邦星華高等女学院に通う小梅は巴から新宿でランデヴーしないかと誘われた。不良が多いとウワサの新宿を、どきどきしながら歩く小梅と巴。その最中、乃枝によく似た女の子と出会う。女の子は乃枝の従姉妹で紅葉という。「東京にはおいしいものがないから」と大阪から屋台対決をしに東京まで来たらしい! 屋台での東西対決を挑まれ、受けて立つ決意をする桜花会。しかしお嬢様たちには庶民...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 大正野球娘。4
    715円(税込)
    男子と野球の試合、紅葉たちと屋台勝負を経て、より団結力を増した桜花会。次なる勝負は紅葉率いるアーミナ女学校と野球の試合だ。初詣で集まった桜花会のみんなは勝利を祈った。そんな年明け早々、父から来た一通の手紙が静を悩ませていた。「巴か静どちらでもいい。千本氏(京都の呉服屋)の後妻に入れ」という内容だった。静はその手紙を巴に見せることなく「自分がまいります」と返事をしたためた……。巴...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています