手抜き審理の横行、裁判員に及ぶ迷惑など、問題山積の新制度が日本の司法を、国民の生活を滅ぼす!長らく判事を務めた大学教授が「現代の赤紙」から逃れる方法を伝授し、警鐘を鳴らす1冊。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2012年03月02日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

裁判員制度の正体

Posted by ブクログ 2009年07月24日

裁判員制度がどれだけいい加減な制度で、憲法に違反しているか。国民のプライバシーも侵害するわ、果ては経済にも打撃を与える??!


一番びっくりしたことは、「裁判員制度は重大な刑事事件が対象」なのに、裁判員制度を作った人たちの中に、刑事事件の専門家がいなかったということ!!おそろしや。


裁判員...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

裁判員制度の正体

Posted by ブクログ 2008年07月10日

これは読んだ方がいいです。

内容は、どれだけ「裁判員制度」が未熟な制度であるのか。
国民の事をどれだけ理解せずに作られ制定された制度なのか。
そういった事が書かれています。そして要約すると、

1.裁判員制度を撤廃しろ!
2.不満や不備など、現行制度においてもっと望まれ改革できる部分がある!
3....続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

裁判員制度の正体

Posted by ブクログ 2007年11月10日

尊敬する教授の最新刊。裁判員制度を徹底糾弾してます。同制度に批判的な立場からの意見を理解するには最適の書。

このレビューは参考になりましたか?

裁判員制度の正体

Posted by ブクログ 2011年10月26日

 国民が殺人犯を直接裁く裁判員制度が,あと一年と少しで始まるという。裁判員という言葉は聞いたことがあったが,内容はよく知らなかった。しかし,義務教育を終えた成人なら誰しも裁判員になる可能性があるらしい。これはひとごとではない。いろいろ読んでみたが,読めば読むほどこの制度,いくらなんでも無茶では?と感...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

裁判員制度の正体

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月06日

 裁判員制度について批判的な観点から紹介する本。著者曰く、この制度は

①無用な制度(国民の「健全な社会常識」を司法界に持ち込むため生まれた制度だったはずなのに、そもそも制定した側も皆望んで生まれた制度ではなかった)

②違法な制度(憲法18条の「奴隷的拘束および苦役からの自由」、19条の「内心の自...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

裁判員制度の正体

Posted by ブクログ 2008年02月09日

裁判員制度が国民にとっていかに問題の多いものかを力説していて西野氏の意見に概ねは賛同できる。最も致命的な欠陥と思われる点はやはり裁判員制度が憲法に反しているという点だ。これは裁判官、刑事被告人、裁判員になる国民のいずれにとっても関わってくるのでお粗末というより仕方ないように思う。それに、そもそも国民...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

裁判員制度の正体

Posted by ブクログ 2008年01月29日

やべーよコレ。
もう遠くない将来なのにこんな制度の内容を全く知らないこと自体おしまいっすよ日本!絶対読まなきゃいかんですよ!

このレビューは参考になりましたか?

裁判員制度の正体

Posted by ブクログ 2007年11月21日

とにかく裁判員制度について反対という立場で書かれた本。制度自体の詳しい説明、そしてなぜ問題があるのかと丁寧に書かれている。全体的に著者の主張が強く出ているが、それを割り引いて読めば裁判員制度についてよく理解できる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

裁判員制度の正体

Posted by ブクログ 2007年09月05日

手抜き審理の横行、裁判員に及ぶ迷惑など、問題山積の新制度が日本の
司法を、国民の生活を滅ぼす! 元判事の大学教授が「現代の赤紙」から
逃れる方法を伝授し、警鐘を鳴らす一冊。

このレビューは参考になりましたか?

裁判員制度の正体

Posted by ブクログ 2015年12月13日

 裁判員制度の問題点、実施された際に懸念されることをまとめた一冊。少々極端だと思うことはたまにあったけど、著者のおっしゃることは一理あると思う。しかしこの本はあくまで実際の裁判員裁判が開始される前に書かれたものなので、実際に行われた結果と照らし合わせる必要は感じた。また、賛成派の意見が書かれた本も読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?