昭和文芸史
作者名 :

1巻配信中

価格 822円 (税込)

大正五年の創刊以来、世に女性の多様な生き方を提示してきた『婦人公論』。同時に、その文芸欄は人気作家の競演の場となり、数々の代表作が生み出された。激動の時代をくぐり抜けた誌面から、二三人の作家と作品を通して、昭和文芸の豊穣を味わう。『「婦人公論」にみる昭和文芸史』を改題。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
323ページ
電子版発売日
2012年03月02日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

昭和文芸史

Posted by ブクログ 2012年10月26日

作家との距離感が読みやすい。
文章もさっぱりしていてリズムがよくて好き。
日本文学史をとらなかったので非常に弱い分野。
勉強になるが、これを読んでこれに載っている作品を
読んだよな気になるのが問題。
電車にのったときにちびちび大事に読んだ。

このレビューは参考になりましたか?

昭和文芸史

Posted by ブクログ 2012年07月12日

ずっと、どうも近代日本文学とか苦手だーと思っていたんだけど、この作品や「女三人のシベリア鉄道」を読んで、少し身近に感じられてきたような。たとえば、林芙美子。今までいろいろな評伝など読んでもいまひとつぴんとこなくて、森光子の舞台の印象ばかり強くて、女給とかしててひたすら貧乏で庶民的だった人(失礼)とか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

昭和文芸史

Posted by ブクログ 2012年05月16日

「婦人公論」の文芸史であり、著者が女性ということからか、女流作家が多く取り上げられている。野上彌生子、宮本百合子、平林たい子、いずれも知られた作家だが、全く読んだことはなかった。戦中戦後を生きた女流作家の逞しさはとても魅力的だと感じた。

このレビューは参考になりましたか?