少年は、音の中で世界と語る――。『隠(なばり)の王』鎌谷悠希の新作は、合唱群像!天使の歌声“ボーイソプラノ”を持つ少年・蒼井由多香(あおい・ゆたか)。音に対して繊細で感受性豊かな彼は、中学校入学と同時に合唱部に入部。ゆたかの声に触発されて、部員たちはコンクールの金賞を目指す――。「学校」という舞台で少年少女が紡ぎだす、失われゆく日々のハーモニー。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング・ツー
電子版発売日
2012年03月23日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 少年ノート Days of Evanescence 1巻
    完結
    通常版 1巻 540円(税込)
    少年は、音の中で世界と語る――。『隠(なばり)の王』鎌谷悠希の新作は、合唱群像!天使の歌声“ボーイソプラノ”を持つ少年・蒼井由多香(あおい・ゆたか)。音に対して繊細で感受性豊かな彼は、中学校入学...
  • 少年ノート Days of Evanescence 2巻
    完結
    通常版 2巻 540円(税込)
    若きベツヤクの悩み。「音は時に人を惑わす――」鎌谷悠希が描く合唱群像!!河海(かわみ)東中学合唱部部長・別役秋年(べつやく・あきとし)。オトナに反発して自分の可能性を探し続ける彼は、いつしか殻...
  • 少年ノート Days of Evanescence 3巻
    完結
    通常版 3巻 540円(税込)
    ゆたかの前に現れたウラジーミル・ポポフ。彼もゆたかと同じく、ボーイソプラノをもつ少年だった。「きみの歌にはアイデンティティもくそもない」――彼はゆたかを否定し、その声に呑まれたゆたかは歌うこと...
  • 少年ノート Days of Evanescence 4巻
    完結
    通常版 4巻 540円(税込)
    歌うことでしか「少年」は救われない。ウラジーミルとゆたか、二人のソプラノが今、重なる。――歌が歌えなくなったゆたかのために何かがしたい……。自分の気持ちを外に出せず、伊勢(いせ)まり子は悩む。合...
  • 少年ノート Days of Evanescence 5巻
    完結
    通常版 5巻 540円(税込)
    ロシアで「奇跡の歌声」と称されるボーイソプラノ、ウラジーミル・ポポフ。世界を魅了し続ける彼は、自分の身に訪れた異変を受け入れられずにいた。マネージャーを務める叔父・アナトリーもまた、苦しむ天...
  • 少年ノート Days of Evanescence 6巻
    完結
    通常版 6巻 540円(税込)
    失われていく天使の歌声、少年は最後のボーイソプラノを歌う。――河海東(かわみひがし)中合唱部の一員として、ブロックコンクールを突破した由多香(ゆたか)。かつての声を失いつつある「天使の歌声」ウ...
  • 少年ノート Days of Evanescence 7巻
    完結
    通常版 7巻 540円(税込)
    河海(かわみ)東中2年・町屋翠(まちや・みどり)。全国大会という最高の舞台で傷を負った彼女は、今までのように「歌をうたう人になりたい」という自分の想いと無邪気に向き合うことができなくなっていた。苦...
  • 少年ノート Days of Evanescence 8巻
    完結
    通常版 8巻 540円(税込)
    天使の歌声を持つ少年・蒼井由多香(あおい・ゆたか)。河海(かわみ)の街で、歌う喜びを知り、かけがえのない出会いを経た彼は、自分の声と、誰よりも自分の歌を聴いていてほしかった人との別れを迎えた。そ...

少年ノート Days of Evanescence 8巻

Posted by ブクログ 2014年11月08日

完結巻。綺麗で穢れない……ように描かれ続けるユタカにも、消化しなければならない難題が降り掛かってくる。今巻の表紙で描かれている林檎は、彼の心理世界が育てた、彼の木が実らせたもので、作中でも度々描写され、町屋さんがそれを手にする場面も描かれる。だけれど林檎が象徴するものは「神の知恵」であり「人の罪」で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

少年ノート Days of Evanescence 8巻

Posted by ブクログ 2014年08月12日

素敵な終わり方、きれいな終わり方。

中学生たちが、合唱を通して変わっていく姿を見届けた気持ちになる。
音はないのに毎回音が聞こえてきそうな絵にもみとれた。

このレビューは参考になりましたか?

少年ノート Days of Evanescence 8巻

Posted by ブクログ 2014年07月31日

ついに完結。そして1話にもどる、ううん、つながるっていう終わりの番外編がよかったです。先生の、また1巻から通して読んでもらえると、という言葉が沁みます。
儚いソプラノに、こどもたちの儚い青春が終わって、これからまたみんな変わってゆくんですね。
最後まで泣いてしまいました。
ポポちゃんが町の人々に、有...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

少年ノート Days of Evanescence 7巻

Posted by ブクログ 2014年03月25日

きらきらしてる。合唱も、生徒たちの心も。それとは反対に、不協和音を奏でているような心情の動きも。それが絵で表現されてるのがすごいし、面白いなぁと思う。
クライマックスに向かってるのかな? 次も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

少年ノート Days of Evanescence 7巻

Posted by ブクログ 2014年03月25日

前巻がこわいところで終わったので、どうなるかと思っていましたが…。
みのるさん、すきだなあ。
佐藤さん、すきだなあ。
ゆたかの声変わりもはじまって、少年の時期も終わってくのですね。
次巻、最終回かあ_(:3 」∠)_

一緒に収録されてる、少年ノートの元、みたいな、読み切りの「オクターブ」。
主人公...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

少年ノート Days of Evanescence 7巻

Posted by ブクログ 2014年03月22日

やっぱりみのる兄ちゃんはすごく美しい。
ポポちゃんセクシーさもたまらない。すごく魅力的。
7巻もすごくよかったです。

このレビューは参考になりましたか?

少年ノート Days of Evanescence 6巻

Posted by ブクログ 2014年03月06日

「なんで歌うのか」「なぜ金賞をとりたいのか」、それは「青春」だから‼︎

とにかく絵が上手い! 人物の描きわけが巧みで、内面描写もしっかりしているから、逐次共感してしまうんだな。
大好きな作品です^ ^

このレビューは参考になりましたか?

少年ノート Days of Evanescence 6巻

Posted by ブクログ 2014年02月06日

ポポちゃん元気になってよかった〜

と和んでた ら

町屋さん!!町屋さんんん!!!

続き気になりすぎる
7巻は3月20日発売予定!

このレビューは参考になりましたか?

少年ノート Days of Evanescence 6巻

Posted by ブクログ 2013年12月08日

鎌谷悠希さんの漫画の表現法が魅力的で、6巻でいう最後のリンゴが落ちるシーンなど抽象的なものが少年ノートの、鎌谷さんの持ち味なのだなと思います。隠から比べると格段に絵の描写が上手くて尊敬です…
さて、6巻は…ラストの町屋さんの歌い出しミスのシーンが印象的でした。ウラジーミルくんが新たにスタートをきるよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

少年ノート Days of Evanescence 6巻

Posted by ブクログ 2013年12月03日

穣さんすきだなあ。すき。青春だなあ。そして自分も思春期というものがあって、そしてそれは終わったことをしみじみと実感します(笑)

このレビューは参考になりましたか?