※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

職人の“内製化”を確立して業界慣行に挑んだ「平成建設」、量販店の進出を機にデフレと逆張りの戦略に切り替えた「でんかのヤマグチ」、バブル崩壊で負った負債100億円を完済・復活した「銀座テーラー」、師の教えのもと低価格路線に舵を切った老舗旅館「一の湯」など、「カンブリア宮殿」「エチカの鏡」「ワールドビジネスサテライト」といったテレビ番組で紹介された優良中小企業にも“存亡の危機”がありました。
沼津、町田、生駒、箱根、尼崎、大田区……日本各地で見つけた10の成功事例。ピンチをチャンスに変えた経営者たちが自ら語った“逆転勝ちへの処方箋”が、この本にはあります!
はじめに
実行するしかない、やるしかない、行動を起こすしかない、進むしかない。
そのためには今と同じで成功するわけがない。
税理士が来た。
改善事項を示した。
経費の削減等、負の改善事項である。
中小企業診断士が来た。
SWOT(強み、弱み、機会、脅威)分析を行った。
強みを強化することを指示された。
そんなことできるわけがないじゃないか。ウチの事情がまるでわかっていないじゃないか。
専門家に頼んでも、言うことは似たりよったりではないか。
あなたが求めるものと何かが違う。
そうだ。
起爆剤となるような戦術に欠けている。
何か成功事例がないか。
できれば、ウチと同じような苦境から脱出した事例を。
バブル崩壊のあおりで負った巨額の債務を完済、
大型店の進出を契機に独自路線を開拓、
日本本社の倒産を経て海外から復活、
下請けゆえの受注不安からオンリーワンの技術開発へ、
会社存亡の危機から無担保融資を受けるまでに成長……。
本書に登場するのは、いずれも一度ならず大きな危機を乗り越え、
そして今もなお元気な会社だ。
著者がこの10社の経営者に取材し、まとめている。
あなたの企業で真似できないか、考えていただきたい。
当然、制約条件がある。
資金、地域その他、個別の事情もおありだろう。
それでもまずは、そのまま真似できないか考えていただきたい。
この本であなたのお望みの事例を提供した。
さあ、あなたが行動を起こすだけです。

本タイトルは、レイアウト固定型の商品です。
・フリースクロール(リフロー)型でないので、文字サイズの変更、フォントの変更ができません
・マーカーは付けられません
・テキスト検索はできません
・推奨端末はPCかタブレットです(スマートフォンは推奨いたしません)
以上ご確認のうえご購入ください。

ジャンル
出版社
CCCメディアハウス
ページ数
224ページ
電子版発売日
2012年02月24日
コンテンツ形式
.book
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

潰れてたまるか! ピンチをチャンスに変えた10社

Posted by ブクログ 2015年11月06日

結局は選択と集中。ある意味どこまでニッチに特化してビジネスを作り上げていくかが中小企業の勝負なのだろう。
本業以外とか手を広げ過ぎると大体潰れる。
ある意味大企業と呼ばれるところはすごいんですな。手を広げても潰れないですから。

このレビューは参考になりましたか?