【挿絵あり】パイプを片手に、恐るべき頭脳で難事件を解決していく不思議な少女ヴィクトリカ。人形とみまごうほどの美貌をもつ彼女だが、性格は超傍若無人!? 真面目で誠実な留学生久城一弥はそんな彼女に日々振り回されっぱなし…。そんな中、とある占い師の死をきっかけに、二人は豪華客船で起こる殺人事件に巻き込まれてしまう。次々と命を落とす乗客達、そして明かされる驚愕の事実とは──!? 天才美少女の極上ミステリー、開幕!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2015年12月03日

ドラゴンマガジン掲載時から追っかけてるシリーズ。新刊が出るたびに再読してるので何回目かの再読。最新刊を読めるのはいつになるのか・・・

このレビューは参考になりましたか?

GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2013年10月29日

イラストの繊細なフリル、内容はめくるめく謎解きと友情と恋を行ったり来たりする甘酸っぱさがつまっており文句なしに大好きな作品。桜庭一樹さんの文も歯切れがよくて好きです。

このレビューは参考になりましたか?

GOSICK III ─ゴシック・青い薔薇の下で─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2012年04月19日

一弥、やっぱり一言多い。
マメさも優しさもあるけど、心配も心からなのに、鈍感で一言多い。
ヴィクトリカが怒っても、黙っても、頭に?浮かべてるし。14歳だから?少年だから?
ちょっとずつ二人の仲が変わって来たのかなぁ?二つも大冒険をした後だしね。この後もどうなって行くのか楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

GOSICK VI ─ゴシック・仮面舞踏会の夜─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2012年02月07日

ベルゼブブの頭蓋から聖マルグリット学園へ帰還する、列車での道中。
そこでまたしても事件が起こります。
犯人の心情とヴィクトリカの台詞の善悪の対比、列車を停止させる時の連帯感がいい。
“きみのためなら死ねる”とは意味合い違いますが…、相手に命を預けるって、もう立派な愛じゃないかと。

このレビューは参考になりましたか?

GOSICK V ─ゴシック・ベルゼブブの頭蓋─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2012年02月07日

コルデリアさん若っww
第5巻。囚われのヴィクトリカを連れ戻しに、単身ベルゼブブの頭蓋へと出立する一弥。
2巻で無くしたペンダントもここで活きてきます。
陰謀の渦中にいるヴィクトリカの立場を再確認すると同時に、GOTHICは一弥の成長物語でもあったんだと気付かされました。
故郷から遠く離れた異国の地...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

GOSICK III ─ゴシック・青い薔薇の下で─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2012年02月07日

いよいよ3巻目。
ヴィクトリカは今回は安楽椅子に徹するのかな?と思いきや、やっぱり登場。この二人が揃ってこそGOTHICですね。
キャラの意外な一面も見れたり。
前回の救出劇の時に負った怪我を、ヴィクトリカが隠すシーンが印象に残ってます。
一弥に心配かけたくなかったのね。

このレビューは参考になりましたか?

GOSICK II ─ゴシック・その罪は名もなき─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2012年02月07日

どんどん可愛さが増してくるヴィクトリカ。
あの非力な彼女が、落ちる一弥を小さい身体で必死で支えようとするのにグッときました。
“知識の泉”を持つ灰色狼が案じる未来は、たった一人の友達と一緒にいられるかどうか。
一弥が同じ事を質問していて、嬉しかっただろうな。
鈍ーい一弥にはいまいち伝わらないようです...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

GOSICK V ─ゴシック・ベルゼブブの頭蓋─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2011年12月22日

いきなりヴィクトリカがさらわれてしまう。
ブライアン・ロスコーが再登場したり、今回は遂にコルデリア・ギャロ本人が登場する。

オカルト省だの科学アカデミーだのといった組織も出てきて裏方がなにやら賑やかになってきた。
これらが一体本編にどう関わってくるのか気になるところ。

てかこの巻は101ページの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

GOSICK III ─ゴシック・青い薔薇の下で─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2011年09月11日

風邪をひいてしまったヴィクトリカを学園に置いて一弥が一人ホテルの謎に挑む!
・・・という割にはヴィクトリカに電話であれこれ聞いたりしてるけどw
今回は最強()の相方・グレヴィールを連れてホテルで起こった人が消える事件に立ち向かう。
ただグレヴィールはいつも通りなんで、ね。期待しないでください。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

GOSICK III ─ゴシック・青い薔薇の下で─(ビーンズ文庫)

Posted by ブクログ 2011年08月26日

逢えない時間で絆を育む第3巻。
今回は風邪で寝込んだヴィクトリカをおいて、一弥ひとりで高級デパートの謎に迫ります(ヴィクトリカの力も借りますが)。
ふたりの電話の会話は関係の変化が見てとれて楽しかったですね。 一弥…電話だと強気なんだね君ぃ。

カラーイラストの1p目は西洋と東洋の融合という感じで素...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?