八丈島沖で漁獲された鮫の胃から見つかった人間の左手――それが事件の発端だった。指紋照会の結果、暴力団員横堀好男のものと判明。特捜刑事・香月功と相棒の志賀今日子は潜入捜査を開始した。横堀がかつて抗争相手の組員を射殺していたことから、香月は両組織が縄張りとする新宿歌舞伎町に乗りこむ。だがその裏には、財界をも巻きこむ恐るべき真実が隠されていた……。警察小説の金字塔と名高い人気シリーズ第9弾!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

鮫と指紋 顔のない刑事・特捜行

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月26日

サメの胃袋から手首が出てきた・・・奇抜な発想で物語は始まる。相棒が出来てからの話は今までよりもハラハラ、ドキドキが少なくなった。身の危険を冒して潜入して情報を得なくとも、相棒、今日子の警察手帳を提示すれば事は足りる。ということで、退屈なシリーズになってしまうのか心配。

このレビューは参考になりましたか?