バルコニーからあやまって転落したと思われる患者に対し、病院の一室で尋問が行なわれた。その結果はまさに驚くべきものだった。瀕死の患者は突如殺人未遂を示唆したのだ。意外な結末までをサスペンスフルに描く「患者」ほか、表題作と「ねずみたち」をあわせ、一幕ものの傑作三篇収録した戯曲集。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2012年02月17日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

海浜の午後

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月17日

海浜の午後、患者、ねずみたち の三部作になっている。

海浜の午後では、以外なところで警察官が登場する。
煮え切らない若者は、最後には自立する方向で歩み始める。

時期がくれば、すべてが動き出すことを表現したかったのだろうか。
上演するとすれば、時間の流れを感じさせる音楽を背景に選びたい。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海浜の午後

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年06月14日

内容(「BOOK」データベースより)
高価なエメラルドの首飾り盗難をめぐり浜辺でくりひろげられるユーモラスな騒動。何者かに襲われ意識不明となった患者の証言を聞きだす実験。アパートの一室に誘い出された男女を待つ恐るべき罠。クリスティーのミステリ趣味が思う存分に活かされ、その魅力が凝縮された、いずれおと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海浜の午後

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年05月05日

『海浜の午後』
海辺のビーチチェアに寝そべる人々。夫アーサーをほったらかして友人のボブと砂の城を創り遊ぶノーリーン。ジョージとクラム夫人の会話。息子を支配するガナー夫人。盗まれた首飾りの話。彼らの周囲を歩き回る謎の美女。首飾り盗難事件を捜査するフォーリー警部。

『患者』
何者かに突き落とされたウィ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海浜の午後

Posted by ブクログ 2014年03月03日

戯曲。
クリスティーのトリックって使い回しが見受けられるけど、戯曲・短編・長編って3回にわたって使いまわされ(以下略

このレビューは参考になりましたか?

海浜の午後

Posted by ブクログ 2013年02月05日

一幕ものの戯曲3篇。見覚えのあるキャラに見覚えのある道具立てで、『ラジャのエメラルド』や『スペイン櫃の秘密』その他もろもろの作品を連想せずにはいられない。が、物語の流れは全然違う。これはクリスティーのパラレルワールドだ!またの名は「アイデアの使いまわし」。戯曲だからぎりぎりアリかな…。

このレビューは参考になりましたか?